crayonhouse クレヨンハウス
トップ
アクセス
イベント
出版物
月刊クーヨン
eショップトップ
●ブログ・読みもの

落合恵子 *Journal of Silent Spring
更新中
絵本スタッフ・ブログ
「絵本の日々」

新刊・おすすめの絵本を紹介
オーガニック・ランチ&シェフ'sレシピブログ
メニューとレシピを紹介
クレヨンハウス メールマガジン
●クレヨンハウスの通販
1ヶ月おためし入会
eショップ
コスメティクス
ブッククラブ
 
                                                          

福島の原発事故による放射能汚染への対応について

      
株式会社 クレヨンハウス
(レストラン、野菜市場、デリカ、オーガニックタウン(通販/定期会員))

福島第一原子力発電所の事故により、広い地域が放射性物質で汚染されました。以来、みなさまからは、産地の状況や農産物など商品の安全性について、多くのお問い合わせをいただいています。できる限りノンケミカルなライフスタイルをのぞんでいるからこそクレヨンハウスを選ばれてきたみなさまのご心配は当然です。
「有機の畑をひろげる」を目標にしたクレヨンハウスは、年2回、作付け会議をひらいて、全国の生産者と有機農産物の作付けをしてきました。作付けした責任から、生産されたものはすべて買い取るのがルールです。まして福島原発の事故は、生産者に何の責任もありません。こんなときこそむしろ、生産者を応援するクレヨンハウスでなければなりません。
しかし、大人が食べればいい、というものでもありませんが、放射能の感受性は、胎児や乳幼児、子どもたちこそ強いのです。「食べさせてはならない」のです。全生産物を精度の高い検査機関にだすと放射性物質測定結果がでるのに8日かかってしまいます。
放射能汚染については徐々に低減しつつある昨今の情報ですが、子どもたちのことを最大限に考慮した結果、関係各位のご協力を得て、クレヨンハウスで扱う野菜については、以下のとおりにすることにしました。ご理解いただきますようお願い申し上げます。

●取扱い産地について
  *対応期間を9月以降もひきつづき継続しております。(11.10.1)

○販売しない対象地域および品目
関東圏は、埼玉、茨城、千葉、栃木、福島とする。品目は、3月11日以降に収穫された野菜と果物。3月11日以前の収穫物、施設内で生産されたきのこと卵は除外する。

@ 店舗およびレストラン
上記5県に作付けしたものは、産地指定をして代替の有機農産物を入荷する。(産地指定ができない場合、上記5県の野菜しか選択肢がない場合は欠品とする)
Aオーガニックタウンの定期便<野菜会員>
野菜セットは上記5県以外の野菜でお届けする。
共通カタログ(yuki:kun)からお客様が選ばれたものは通常どおり受注対応する。
Bオーガニックタウン通販
野菜セット、人参ジュースセット、じゃがいも、たまねぎ、人参セットは5県以外のもので組み立てる。

注:上記表現が、5県の有機農産物が放射能汚染しているかのように伝わらないよう祈念しています。現に、今日まで検査したものに、放射性物質(ヨウ素131、セシウム134、セシウム137)の測定結果はすべて不検出の報告がでています。それだけに、このお知らせは慙愧にたえません。

●放射能の検査体制について

@ビオマーケット(流通センター)では、産地とつくり方のわかる商品だけをお届けしています。
生産からお届けまでを一貫したシステムとして考え、生産者・品目・圃場・栽培のしかたが特定された商品だけをお届けしています。
現在、生産者には、堆肥や肥料は放射性セシウムの残留による問題がないと確認できたものだけを使用するように要請し、田んぼや畑に放射性物質を持ち込まない取り組みをすすめているほか、農産物の加工品のメーカーの皆さんにも、2011年産原料が放射性セシウムの問題がないと確認されたものだけを使用するように要請をしています。

A 法定の基準に従ってお取り扱いの可否を判断します。
食品衛生法の暫定基準値、また国及び都道府県の出荷制限等の判断に基づきお取り扱いの判断を行います。

B 第3者機関に委託し残留放射性物質の検査をします。
お届けする農産物の主な産地は西日本産ですが、一部取り扱いのある関東地域(茨城、千葉、埼玉、栃木、および福島)の農産物については出荷を始める前に第3者機関による残留放射性物質の自主検査を行い、基準値以下である事を確認します。葉もの、果菜、根菜、果物の品目グループ毎に検査します。それ以外の地域の商品についても、抜き打ちでサンプル試験を実施します。
  放射性物質(ヨウ素131、セシウム134・137)の種類を特定でき、ガンマ線の検出効率の高い「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」か「ゲルマニウム半導体検出器」を使用している機関に委託しておこないます。

C 農産物の入荷検品の際に放射線量をモニターします。
さらに、関東地域の農産物については、NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータにより、毎日の入荷検品時に放射線検査を実施いたします。放射性物質の種類は特定できませんが、放射線であるガンマ線量が即時に測定できます。
  検査により異常値が認められた場合、そのロットの出荷を保留し、直ちに精度の高い第3者機関による再検査を実施します。

D 検査の結果を公開します。また情報収集に努めます。
第3者機関への自主検査結果、および生産者、製造メーカーより提供された検査結果についてはホームページ上ですべて公表します。
   >最新の放射性物質の検査結果
   >2011年11月〜12月の放射性物質の検査結果(PDF)
   >2011年9月〜10月の放射性物質の検査結果(PDF) 
   >2011年7月〜8月までの放射性物質の検査結果(PDF)
   >2011年5月〜6月までの放射性物質の検査結果(PDF)
   >2011年3月〜4月までの放射性物質の検査結果(PDF)
    (流通センター、ビオマーケットのページが別ウィンドウでひらきます)

最新情報

◆入荷検品時チェック体制の拡充  (9/12更新)
オーガニックタウンの野菜セット、東京店・大阪店の野菜市場、レストランにおきまして、ひきつづき関東圏(埼玉、茨城、千葉、栃木)と福島県以外の産地の野菜を提供しておりますが、より基本的な供給時の放射性物質の検査体制がさらに強化されましたので、お報せいたします。
上記「放射能の検査体制について」の項目Cを参照ください。
 
 



 
 
 

会社概要
  プライバシーポリシー

※各種お問合せは c-help@crayonhouse.co.jp <総務部>まで
※当サイトにリンク頂ける際はご一報いただければ幸いです


ページTOPへもどる
All Rights Reserved. Copyright (C) crayon house inc.
ツイッター