crayonhouse


夏の学校 2012


会期:8月4日(土)、5日(日)、6日(月)

会場:東武ホテル レバント東京


今年のテーマは「いのち」です。
夏の3日間、
熱く、クールな講師とともに、
熱く、クールな学びの時を!

 
講演会だけではなく、音楽あり、
ワークショップあり、盛りだくさんの時空です。
こころの栄養をたっぷり吸収してください。
そして、からだへの栄養は、ご好評いただいている
厳選したオーガニック食材のお食事を ご用意しております。
3日間が終わる頃には、いつもよりもっと元気に、
もっと深く、新しい「わたし」と出会う夏に。
がんばっている「わたし」に、
「自分育て」のスペシャルな8月を!


今年の食事もすべてクレヨンハウスの食材です。
東武ホテル総料理長がアレンジした
オーガニックなお食事をおたのしみいただけます。

   

開催概要
期日●8月4日(土)12:30〜/ 8月5日(日)終日 /8月6日(月)〜13:00   2泊3日
会場●東武ホテル レバント東京・墨田区錦糸1-2-2   >交通・アクセス
定員●大人400名
参加費●1名 42,000円(2泊3日5食・受講料・施設使用料・旅行保険含)
     ※原則2、3人の相部屋となります。
内容●全体会8+分科会2+ミッドナイトジョッキー1
    ※分科会(下記 水色の部分)は選択制。  >お申込み方法

*ご希望の方はこちら(↓)からパンフレットをご覧いただけます。
 >夏の学校2012パンフレット(オモテ)*PDFファイル(3.9MB)
 >夏の学校2012パンフレット(ウラ) *PDFファイル(374KB)

 



1日目  8月4日(土)

11:00〜12:30 受付
12:30〜13:15 開校式

13:15〜14:45 第1講義 姜尚中
「いまこそ、スモール イズ ビューティフルな社会へ」

14:45〜15:30 フリータイム/サイン会 
【第1分科会】15:30〜17:00 ※1つを選んでください
A)姜尚中 「脱原発──ドイツの選択を考える」
B)竹田津実 「キタキツネという生物がいる」
C)寮美千子 朗読ワークショップ 
絵本「父は空 母は大地」
〜いま、地球と自分との本当のつながりを取り戻す
D)落合恵子
「『わたし』を語れますか?
 『わたし』を聴いていますか?」

17:00〜18:00 チェックイン
18:00〜19:30 オーガニックディナー

19:30〜21:00 第2講義 長谷川義史
「いまこそ本気で力をあわして、ぼちぼち…い、こ、か。」
21:00〜21:30 フリータイム/サイン会

21:30〜22:30 ミッドナイトジョッキー
    ……誰にでも忘れられない一曲がある。
       誰にでも忘れられない一行がある。
       誰にでも忘れられない風景がある。
       それぞれの講師と、そんなお話を……
         (落合恵子)

2日目  8月5日(日)


7:00〜8:30 オーガニックな朝食


8:30〜10:00 第3講義 寮美千子
「詩が開くこころの扉 
『空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所詩集』」

10:00〜10:30 フリータイム/サイン会

【第2分科会】10:30〜12:00 ※1つを選んでください
E)あべ弘士 「生きものがいっぱい」
F)新沢としひこ 「ちょっとからだも動かして」
G)長谷川義史
「輪になって、みんなで素手でお話しよう。」
H)広河隆一 「子どもたちを守るために何ができるか」

12:00〜12:45 フリータイム/サイン会
12:45〜14:05 オーガニックランチ

14:05〜15:35 第4講義 竹田津実
「無名の者たちのいのちを診続けて」 
15:35〜16:05 フリータイム/サイン会

16:05〜17:35 第5講義 広河隆一
「チェルノブイリと福島──何が隠されたのか」

17:35〜18:35 フリータイム/サイン会
18:35〜20:35 オーガニックディナー

20:35〜22:35 第6講義 新沢としひこコンサート
「きみのこころよ高くなれ」


3日目 8月6日(月)

7:00〜9:00 オーガニックな朝食/チェックアウト

9:00〜10:30 第7講義 あべ弘士
「北極たんけん記」
10:30〜11:00 フリータイム/サイン会

11:00〜12:30 第8講義 落合恵子
「Hug、してますか?」

12:30〜13:00 閉校式
   
 


東武ホテル レバント東京  
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-2
TEL:03-5611-5511 FAX:03-5611-5500
●東京駅よりJR総武線快速で8分
●羽田空港より直通リムジンバスで50分
●成田空港より直通リムジンバスで70分

【電車でお越しの場合】
JR総武線錦糸町駅北口ロータリーを出て
北斎通りを東京方面へ徒歩3分
東京メトロ半蔵門線、錦糸町駅3出口より
北斎通りを東京方面へ徒歩3分
【お車でお越しの場合】
(首都高速経由)首都高速7号線を出て四ツ目通りを北上、
JRのガード下を通過してすぐの交差点を左折。
[駐車場はホテルの地下にございます。]

 



あべ弘士さん(絵本作家)
「北極たんけん記」

昨年(2011年)の夏、北緯80度の北極へ“たんけん”
の旅をしてきました。氷河に削られたフィヨルドの氷海を、動物たち目指しての“漂流”です。はたしてその成果は……。
姜尚中さん(政治学者)
「いまこそ、スモール イズ ビューティフルな社会へ」

「より速く」「より大きく」「より高く」だけを競う社会はもう限界です。「遅くても」「ちいさくても」「低くても」、それでも「人間らしい」社会のビジョンを語りたいですね。
新沢としひこさん
(シンガーソングライター)
「きみのこころよ高くなれ」

「こころ」を大事にする時代が来ている、とぼくは感じています。何もかもがデジタル化され、コピーできてしまう世の中だからこそ、生身の人間が発信していくことの大切さを痛感するのでした。ライブで歌声を聴いてください。
長谷川義史さん(絵本作家)
「いまこそ本気で力をあわして、ぼちぼち…い、こ、か。」

今年も夏の学校に講師で参加させていただけるとは絵本の紅白歌合戦に出場みたいなことで……。あほなことはおいといて、ほんまにちいさい力をあわせてあわせて、あのみにくい顔のおっさんらと闘わねば、みんなでね。
竹田津実さん
(獣医師・写真家)
「無名の者たちのいのちを診続けて」

生老病死、生きものすべてが遺伝子の中に内包する宿命である。それが有名であれ、無名であれ。隣人であるヒトはそこからいろんなことを学んだらしい。それがおもしろい。
広河隆一さん
(フォトジャーナリスト)
「チェルノブイリと福島── 何が隠されたのか」

福島原発事故の事故発生から1週間の間に、わたしたちは何をすべきだったのか。メディアはなぜ本当のことを言わなかったのか。医者たちは、政府は、自治体は何をしたのか。わたしたちはいま3・11後を生きていると錯覚している。しかし実際は次の3・11前を生きているのだ。それなのにこの前の3・11から何も学ぼうとしていない。
寮美千子さん(作家)
「詩が開くこころの扉」

虐待、いじめ、貧困など、こころにさまざまな傷を受け、犯罪者となってしまった少年たち。「詩」を書き、互いに感想を述べあううちに、彼らはみるみるこころを開いていきました。そこに見えてきたのは、驚くほどのやさしさ。奈良少年刑務所での授業を通して知った子どもたちのこころをお伝えしたいと思います。
落合恵子
(作家・クレヨンハウス主宰)
「Hug、してますか?」

2011年のあの日から、呼吸が浅くなっている「わたし」がいます。このままの社会と時代を、子どもたちに手渡すことはできない、と。気持ちよく「闘う」ためにも、まずは「わたし」に深呼吸の時空を!



1:右の必要事項をEメールで css@crayonhouse.co.jp に送信してください。
グループでお申し込みの場合は、代表者名と同行者名ほか、
皆さんそれぞれのご住所・お電話番号をご記入ください。
 (旅行保険の手続き上必要なため、お教えください)

2:お申込みのメールを受けてから1週間以内に郵便振替の用紙(郵便手数料当社負担)をお送りします。

3:参加費(1名様42,000円)は、必ず郵便振替でお振込みください。
  郵便振替[00190-8-80570]
  郵便振替用紙の通信欄に「夏の学校」○名分とご明記ください。
※グループでご参加の際は、1枚の郵便振替用紙に
代表者の方が記入し、まとめてご入金ください。

4:受講票が届きますので、当日忘れずにお持ちください。
お振込み後、2週間を過ぎても受講票が届かない場合は、
「夏の学校」事務局(電話03-3406-6371)までお問い合わせください。

※定員締切りについて:ご入金確認時に定員締切りの場合、
現金書留で返金させていただきます。
※キャンセルについて:6日前までのキャンセルは、参加費用の20%を差し引いてご返金させていただきます。5日前から当日までのキャンセルはお受けできません。ご返金もできかねます。なお代理の方が参加することは可能です。

<お問合せ>
TEL.03-3406-6371 (総務部内 9-18時)
TEL.03-3406-6308 (カスタマーセンター内 10-19時)
FAX 03-3407-9568 (共通)


メールで以下の項目を送信下さい。
グループでお申込みの場合は、人数分それぞれご記入ください。代表者名もお書きください。

−−−−−−
▽ 氏名(ふりがな)
▽ 性別(男・女)
▽ 年齢
▽ 職業
▽ 住所(〒   )
▽ 電話番号 
▽ 希望する分科会 (スケジュールを見て、第1・第2分科会それぞれを選んで、記号でお書きください)
▽ 振込み合計金額
▽(複数名のグループで申込みの場合)
代表者名



   
     
ページTOPへもどる      クレヨンハウストップページへ
All Rights Reserved. Copyright (C) crayon house inc.