民話絵本

どの社会にも、どの民族にも、どの地方にも古くから伝わる民話はある。
たみのはなし、と書いて民話。 「エライひと」の手柄話でないのも嬉しいじゃありませんか!!!
苦労続きの庶民が、知恵やとんちや懸命さで、「人生」とう厄介でもあるものに挑戦する。
絵を誰が描くかでも、ひとつの民話の表情が変わることも、お楽しみください。

へっこきよめさん (子どもとよむ日本の昔ばなし10)
語り継がれた昔話「へっこきよめさん」がそのままの語り口で絵本になりました
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 495円 (税込)
カートに入れる
きりょうがよくてはたらきものおよめさんがいました。
だんだんおよめさんのかおいろがわるくなってきたので、しんぱいしたおっかさんがそのわけをきくと……。
昔話研究の第一人者、小澤俊夫氏の再話・監修による親子で読みたい絵本の決定版!
ねずみのむこさがし(子どもと読む日本の昔話18)
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 495円 (税込)
カートに入れる
日本一のむこを探そうと、お月様のところへ出かけた 父さんねずみ。日本中を照らす月こそ日本一。ところが、 月は雲に隠されてしまいます……。
かにむかし
有名な日本民話「さるかに合戦」が木下順二氏の新解釈により,ユニークな絵本になりました
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 704円 (税込)
カートに入れる
有名な日本民話「さるかに合戦」が木下順二氏の新解釈により,ユニークな絵本になりました.方言の味わいを生かしたリズミカルな再話に,清水崑氏ののびやかな墨の絵がぴったりです.
ふしぎなたいこ
たっぷりとした墨の線を使った,清水崑氏の大らかな絵が楽しい絵本
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 704円 (税込)
カートに入れる
墨を使ったユニークな画風が印象的な絵本。ちいさめサイズの絵本に、3つの日本の昔話が入っています。
たいこの音に合わせてどこまでも伸びていく鼻のお話「ふしぎなたいこ」。「かえるのえんそく」「にげたにおうさん」。くすっと笑ったり、ドキドキハラハラしたり。たのしい昔話をお探しの方におすすめ。
だんだんのみ
昔話の語りの味わいを
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 836円 (税込)
カートに入れる
ある日ととさが、急におなかが痛いと言いはじめ、お寺のおしょうさんのところへ相談に行きました。すると、おなかの中のむしを食べるかえるを飲み込むといいと教えられます。さっそく、かえるを飲み込んだものの気持ちが悪くなり、次はかえるを食べてくれるへびを飲み込む方法を教えられ……。次から次へいろんなものを飲み込んで、最後に飲み込んだものは? えっ! 豆? 豆まきへと展開するゆかいな版画絵本。
こだぬきのおんがえし
助けてくれた馬方に,なんとかしてお礼をしようとする健気なこだぬきの話.温もりある絵が魅力的です
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 836円 (税込)
カートに入れる
いじめられているところを馬方に助けられたこだぬきは、父さんたぬきに「ただ帰ってくるやつがあるか」としかられます。なんとかしてお礼をしようとする健気なこだぬきと馬方の交流を、ぬくもりある絵で描きます。
へっこきあねさ
痛快な屁の音と,ユーモア感覚抜群の絵で大笑い!
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 836円 (税込)
カートに入れる
となり村から嫁にきたあねさの屁はすごい。
どっばーんとすご、い風がふいて、何でもふっとんでしまいます。
おおきなかぶ
「うんとこしょ、どっこいしょ」と、つい力が入ります
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
子どもの本売り場スタッフより

時代が変わっても読み継いでいきたいロングセラー

とてつもなく大きく育ったかぶは、そう簡単にはぬけません! おじいさんはおばあさんを、おばあさんは孫を、孫は犬を呼んできて……。 「うんとこしょ どっこいしょ」 さあ、一緒にみんなで声を合わせて読んでみよう!

Y.N
「うんとこしょ、どっこいしょ」と、つい力が入る、おなじみのおはなし。 大きなかぶを、みんなで力を合わせて抜く、という単純な物語の中に、
大らかさ、力強さ、ユーモアなどが満ちあふれています。
にんじんだいこんごぼう〜日本の昔話より
日本の昔話をベースにした、楽しいお話絵本です。
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
赤いにんじんも、黒いごぼうも、昔は、だいこんみたいに真っ白でした。
そんなある日、泥んこ遊びをして汚れてしまった3人は……。
昔話をもとにした楽しい絵本です。
三びきのこぶた
みんな知ってる昔話の原型です
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
「三びきのこぶた」は多種ありますが、この本は、子どもにこびることなく、
もとのイギリスの昔話を忠実に絵本化したものです。
ラストシーンにいたる必然性も、なっとくのいく真実味があります。
かえるをのんだととさん
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
腹の痛くなったととさんは、寺の和尚に相談に行きました。
和尚に「腹に虫がいるから蛙をのむといい」と言われ、蛙をのみこみます。
その後、蛇、雉、猟師、鬼……と次々にのみこみ、最後は?
かさじぞう
やさしさは、最高の贈りもの
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
「あやぁ、むごいことだなあ。はだかで ゆき かぶって さぞ さむかろう」。
ご存じ、おじいさんが吹雪にさらされるお地蔵さまに、売れ残った笠をかぶせるシーン。
あたたかいことばづかいと気づかいが、読むひとのこころにも贈りものを残してくれる。
ずっと大切にしたい1冊。
和紙と扇面を生かした画面、老夫婦のあたたかい愛情を伝える語り口で、昔語絵本の傑作と定評です。
だいくとおにろく
民話の語り口を生かした文章、日本の伝統的な美しい絵
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
何度橋をかけてもたちまち流されてしまう川に、橋をかけるよう村人に依頼された大工が、川岸で思案していると、鬼が現れて、目玉とひきかえに橋をかけてやるといいます。いいかげんな返事をしていると、2日後にはもうりっぱな橋ができあがっており、鬼は目玉をよこせとせまります。「おれのなまえをあてればゆるしてやってもええぞ」と鬼がいうので、大工は……。
ふしぎなたけのこ
たけのこがたろをのせたまま、ぐんぐんぐんぐんのびだして……。
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
山奥の村に住む男の子たろが、たけのこを掘りに行くと、上着を掛けておいたたけのこが突然伸びはじめました。たろがとびつくと、たけのこはたろをのせたままぐんぐん伸びて、雲より高くなります。村の人たちは、たろを助けるために、たけのこを切り倒し、倒れたたけのこをたどっていきました。
しょうとのおにたいじ
知恵で鬼を退治した、ちいさなものたち
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
しょうと(ホオジロのこと)がお地蔵さんの耳に巣をつくりました。しょうとが留守の間、お地蔵さんは卵の見張り番。しかし、鬼に卵を飲まれてしまいました。巣に帰ったしょうとは泣いて飛ぶこともできなくなりますが、どんぐりに励まされて、かにやハチや牛、もちつき臼を仲間にして鬼退治に向かいます。
語り口や味わい深い絵が魅力的で、昔話の世界に引き込まれます。
さんまいのおふだ
スリリングな中にもユーモアあふれる昔話絵本
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
山へ花きりに行った小僧が、鬼ばさにつかまりそうになるたびに、便所の神様がくれた三枚のお札を次々に投げて、命びろいするお話。スリリングな中にもユーモアあふれる昔話絵本です。
きつねのよめいり
松谷みよ子さんの再話による昔話の絵本
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
ある雨の日、おじいさんは山で死にそうになっているこぎつねを助け、なかよく暮らすようになりました。やがて美しい娘ぎつねになりましたが、ある日突然きつねは姿を消してしまいました。何日も探し歩いていると、急に日照り雨がぱらぱら降ってきたかと思うと……。
ふるやのもり
この世で一番怖いのは、泥棒よりも、狼よりも“ふるやのもり”だ
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
じいさんとばあさんが育てている子馬をねらって、泥棒と狼は、それぞれ厩に忍びこんでかくれていました。じいさんとばあさんが「この世で一番怖いのは、泥棒よりも、狼よりも“ふるやのもり”だ」と話しているのを聞いて、泥棒と狼は、どんな化け物だろうと震えていると、そのうち雨が降ってきて古い家のあちこちで雨漏りしてきて……。
ねずみじょうど
おなじみの昔話を丸木位里さんが水墨画で描きます
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
山へ柴刈りに行ったじいさんが、落としたそばもちを追いかけていくと、もちは小さな穴に入ってしまいました。そこに現れたネズミは、お礼にご馳走するからといって、じいさんをしっぽにつかまらせて、穴の中へと連れていき、もちや黄金をどっさりおみやげに持たせてくれました。それを知って隣のめくされじいさんは、まねをしますが……。
あたごの浦 讃岐のおはなし
大道あやさんの絵本
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 990円 (税込)
カートに入れる
満月の夜、あたごの浦の砂浜に魚達が集まって、演芸会を開きます。たいやたこ、ふぐやかれいが、とっておきのかくし芸を披露します。魚達のはやし声もにぎやかで愉快な讃岐の昔話。


キラキラ光る浜辺で

きれいな月に魅せられて浜へ上がってきた蛸と鯛は、演芸会をすることに決めます。
鯛の呼び声とともに、あちこちからあらわれた魚たち。うたえやおどれのたのしい会のはじまりです。
そのうち、魚たちがかくし芸を次々披露することになって……。
香川県に伝わる昔話。幻想的な浜辺でくり広げられるみごとな技に、思わず「妙々々々々々」と声が出ます。