ぽかぽかあったか!冷えとりスタイル講座

その不調、冷えが原因かもしれません。

注目を集める「冷えとり」健康法。クレヨンハウスの店頭でも、関連グッズが季節を問わず大人気です。
そもそも人間のからだは、内臓が集まり体温が高い上半身と、低温の下半身とで、5度前後の温度差があるといわれています。この差こそが「冷え」。つまり、誰でも冷えた状態なのです。 冷えが続くと、血管が縮み血流が滞りやすくなります。血管には、体内に酸素や栄養を運ぶ機能のほか、体内の不要物を排出する働きがあります。血流が滞ることで体内に不要なものが残り、内臓の機能低下や、病気の原因物質を体内に残してしまうこともあるのです。 腰痛や肩こり、月経にまつわる悩み、肌荒れなどが、じつは冷えによるケースも多いのです。
そこで注目を集めているのが、レギンスや靴下を重ね履きして下半身をあたため、からだ全体の温度差を減らす冷え取りスタイルです。

その不調、冷えが原因かもしれません。

  • 天然繊維でゆったりと
  • 靴下は絹+綿が定番
  • 下半身はしっかり重ねばき
  • 上半身は暖めすぎず薄着で
冷えとりの基本 頭寒足熱


靴下は絹+綿が定番

>おすすめをもっと見る


足裏は、からだのなかでも排出が盛んな場所。靴下の重ねばきでしっかりあたため、不要物の排出を促しましょう。 まず1枚目(一番内側)に吸収性・保湿性の高い絹、2枚目に吸収性のよい綿を重ねてさらに吸収。3枚目に絹、4枚目に綿で保湿性をより高めて。

下半身はしっかり重ねばき

>おすすめをもっと見る


レギンスは冬なら2枚以上、夏でも1枚はくのがベストです。 重ねばきする場合、1枚目にはより吸収性・保湿性の高い絹素材を、2枚目に綿素材をはくのがおすすめ。 また、第二の心臓ともよばれるふくらはぎは、肌ざわりにこだわったレッグウォーマーであたためましょう。

上半身は暖めすぎず薄着で

>おすすめをもっと見る


冷えとりスタイルの基本は「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」。 下半身をあたためる一方で、上半身は冬でも薄着にして、あたためすぎないように。

「いいね」vol.1 きもちいい下着

からだにやさしい下着選びのコツや冷えとり方法も掲載しています。さらに、シルクのできるまで、人気の5本指ソックスのひみつなど、内容盛りだくさんです。

>>詳しくはこちら