[クレヨンハウス通信]絵本特集vol.450/2018年7月号

[クレヨンハウス通信] 
お店情報をまるごとお届けする月刊ニュースです。
毎月1日発行/A4版/カラー/16ページ
年間購読をお申し込みの方には、毎月郵送いたします。
[クレヨンハウス通信]の内容&年間購読のお申し込み

絵本特集:暑い夏に読みたい!スパイスの効いたカレーの本

暑い日にも、読めばどんどん食欲がわいてくるようなカレーの絵本などを集めました!

 
特集記事(クレヨンハウス通信vol.450掲載)を、拡大画像で見る

かえるとカレーライス
かえるが住んでいる池のそばに山が巨大なカレーライスになった!
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 972円 (税込)
カートに入れる
かえるの住んでいる池のそばには山がある。ある日、その山からけむりがモクモク。それからドーン! 何かがドロドロ流れてきた。このにおいは……カレーだ! 山全体が、大きなカレーライスみたい。かえるは急いでそのカレーライスにのぼり……。長新太さんの魅力がぎゅっとつまった一冊。あれ、なんだか遠くのあの山もカレーライスに見えてきた。
ラージャのカレー
カレーのにおいで、空がぴりぴりすると……?
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,296円 (税込)
カートに入れる
南の島のカレー屋さん、ラージャがつくるカレーは絶品です。
きょうの材料は、とれたての白身魚とココナッツ。
よく合うスパイスを選んで混ぜて、大きななべでグツグツグツ。
やがて、ヒリヒリからーいカレーができました。
そのカレーのにおいで、空がぴりぴりして、スコールが降るなんて!
ピヨピヨはじめてのキャンプ
外で食べる味は格別!
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,404円 (税込)
カートに入れる
テントを張って、たき火で食事をつくり、輪になって食事……ヒヨコ5きょうだいと一緒に、キャンプの醍醐味をたっぷり味わってください。謎めいた野外生活の達人(!?)の登場も、予想外のことが起きるキャンプならでは。
すでにキャンプに行った子も、これから行くという子も、み〜んなでたのしめますよ。
ぼくんちカレーライス
夕ごはんはこれで決まり!
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,404円 (税込)
カートに入れる
「きょうゆうごはんなにがいい?」ってママに聞かれたから、ぼくは思わず「カレーライス!」。友だちのくんちゃんに「ぼくんちきょうカレーライス」って言ったら、くんちゃん「いいないいな」。それを聞いてた八百屋さんもカレーを食べたくなっちゃって……次々と伝染していくように広がるカレーライスの誘惑は、絵本の中から飛び出して伝わってくるよう!
パパ・カレー
パパはとくべつ!
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,188円 (税込)
カートに入れる
おとうさんのつくる豪快なカレー。ページをめくるたびに材料を切る音、焼く音が聞こえてきそう。ぐつぐつぐつ、と煮込まれていくカレーがとびきりおいしそうに描かれています。そして、最後のかくし味にびっくり! 何を入れたのでしょうね。一冊でカレーをたんのうできます。おなかをすかせてお読みください。
カレーライスはこわいぞ
こわくなる秘訣は?
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 972円 (税込)
カートに入れる
いたずらねずみのきょうだいに手をやいていたおばけのアッチ。「おばけだぞー」とおどかしても全然効果がありません。そこでアッチはとびっきり辛いカレーを食べてこわい顔になる作戦をたてます。でも、その話をねずみたちがこっそり聞いていて……。2018年国際アンデルセン賞受賞された角野栄子さんの人気幼年童話「小さなおばけ」シリーズです。
きつねのホイティ
だましたはずが、だまされた!?
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,404円 (税込)
カートに入れる
いつもおなかをすかしていたくいしんぼうぎつねのホイティは、人間のようにみせかけて何か食べものをもらえないかと、アンゴウさん、マンゴウさん、ランゴウさんの3人きょうだいの家を訪れます。ごはん、カレーに魚のフライなどたくさん食べて、うまくだませたと喜ぶホイティですが……本当にうまくだませたのかな?
カレーライスを一から作る
一皿のカレーライスをめぐるドキュメンタリー
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,296円 (税込)
カートに入れる
ふだんなにげなく食べているカレーライス。その材料を、すべて一からつくると? 野菜やスパイスは種から育てて収穫、お肉となる鳥もヒナの誕生から見守り、盛りつけのための器やスプーンも手づくりします。医師で探検家の関野吉晴さんが、大学ゼミで行った試みをまとめた一冊。学生たちの奮闘ぶりから、新たな世界が見えてきます。