福島原発で何が起きたか 安全神話の崩壊
商品コード :9784000246774
価格 2,808円(税込)
著者名 黒田光太郎、井野博満、山口幸夫/編
出版社名 岩波書店
外寸 サイズ 257×183×15 mm
ページ数 126
発売日 2012年11月17日
在庫 ご注文いただけます
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
この本は、2012年8月30・31日に東京で行われた国際シンポジウムの記録です。地震による損傷はなかったのか? 放射能汚染の広がりは? なぜ原子力は推進されたのか? 核をめぐる科学・技術のあり方は? こうした問いに対するこたえをさぐる議論が展開されます。前進していくために、ドイツの先例は大変参考になります。ミランダ・シュラーズさんの講演では、ときに笑いも起こるたのしい語り口で、未来への可能性とドイツの状況が語られました。

まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。