原発とヒロシマ  「原子力平和利用」の真相
商品コード :9784002708195
価格 540円(税込)
著者名 田中利幸
出版社名 岩波書店
外寸 サイズ 234×163×7 mm
ページ数 64
発売日 2011年10月07日
在庫 ご注文いただけます
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
原爆の惨劇を経験したはずの日本が戦後、核の危険性に目をつむり、原発政策に邁進していったのはなぜなのでしょうか。その背景には、1950年代にアメリカが自らの核戦略を推進するために打ち出した「原子力平和利用」政策があります。アメリカは、日本、そして広島へ向けて様々な宣伝工作を行い、「平和利用」の意義を浸透させていったのです。戦争と核の問題を追究してきた二人の研究者が、日本の原発政策の「原点」に迫ります。

まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。