国家安全保障基本法批判
商品コード :9784002708928
秘密保護法に続く日本政治の焦点.安倍政権がめざす軍事政策の集大成=国家安全保障基本法への検証と批判
価格 557円(税込)
著者名 青井未帆/著
出版社名 岩波書店
外寸 211×148×5 mm
ページ数 63
シリーズ名 岩波ブックレット
発売日 2014年03月31日
在庫 残りわずか(タイミングによってはお取り寄せになる場合がございます)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
安倍政権がめざす軍事政策の集大成としての国家安全保障基本法。
集団的自衛権の行使を容認し、恒常的な海外派遣を前提にするなど、
日本の安全保障政策に大きな変更を加え、戦後の平和を支えてきた
憲法9条の法体系を抜本的に変質させるものとなっている。
気鋭の憲法学者が、国家安保基本法の内容と問題点を詳細に解説する。

まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。