なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか 見捨てられた原発直下「双葉病院」恐怖の7日間
商品コード :9784062175883
価格 1,650円(税込)
著者名 森功/著
出版社名 講談社
外寸 201×145×24 mm
ページ数 254
発売日 2012年03月11日
在庫 残りわずか(タイミングによってはお取り寄せになる場合がございます)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
福島第一原発から4・5 kmの至近距離にある双葉病院で、2011年3月11日から18日までに起きたことは何だったのか。原発事故の発生直後、患者を置き去りにして逃げ、多くの死者を出した――メディアでは大々的に報じられ、世間から大きな非難を浴びました。  事実はまったく異なりました。孤軍奮闘した医師たちが、なぜ汚名を着せられねばならなかったのか。怒りがこみ上げ、そして過酷な災害医療の本質を考えさせられる、渾身の作品です。

まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。