★レビューに注目
百年の家
商品コード :9784062830423
「ひと」と「とき」と「歴史」の流れの中に
価格 2,090円(税込)
著者名 J. パトリック・ルイス/作 ロベルト・インノチェンティ/絵 長田弘/訳
出版社名 講談社
外寸 309×237×14 mm
ページ数 64
シリーズ名 講談社の翻訳絵本
発売日 2010年03月11日
在庫 ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
1656年に建てられた一軒の家。年月を経て廃屋となっていたところ、1900年に再びひとが住みはじめ、息を吹き返します。この家の1999年までの100年の歴史を追った絵本。その屋根の下で生まれてくる者、旅立っていく者。かぞくの喜びと悲しみを見守りながら、そして、社会の激動に揺られながら、家もまた、自らの一生の時間を醸成していく。インノチェンティの精緻かつ重厚な絵と長田弘さんの翻訳が、この壮大な時間をさらに味わい深いものにしています。

ずっしりとした重みのある絵本に感動

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員のお便りから
歴史を物語る、ずっしりとした重みのある絵本に感動しました。家は住むひとびとを見守ってきたんですね。(I・K)

ひとは生まれ、そして散りゆく

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員のお便りから
この本を読むとき、東日本大震災でいのちや家をなくされた多くのひとびとのことを思わずにはいられません。ご冥福を祈るとともに希望に満ちた門出をこころから願います。家や周囲の風景、一人ひとりがとてもていねいに描かれ、歴史を感じます。ひとは生まれそして散りゆく。家は何も語らないがひとが生きた証を誰よりもよく知っている。ひとの生きる力は無限大、そう信じたいです。(S・A)

時間がいのちと歴史を刻む

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員のお便りから
1656年に建てられた古い家の1900年以降のお話。百年の間に大きな戦争、台風、かぞくの離散を見てきた家。大樹がときの流れを見てきたのと同じに家にも時間がいのちと歴史を刻む。東北の大震災が重なって見えた。(S・U)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。