言葉に何ができるか 3.11を越えて
商品コード :9784198633677
価格 1,620円(税込)
著者名 佐野眞一・和合亮一/著
出版社名 徳間書店
外寸 19.2×13.2×2.2 cm
ページ数 256
発売日 2012年03月24日
在庫 ご注文いただけます
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
3・11の大惨事を、この国の言葉はどう伝えたのか。震災発生当初から原発至近の被災地を取材した佐野眞一さんと、被災した絶望と悲しみをツイッターから発信した和合亮一さんが、言葉の観点から東日本大震災を語り合ったのが本書だ。政府やメディアの薄っぺらな言説では踏み込むことのできない真実、そして、復興に必要なのは単なる金銭補償ではない、寄る辺となる言葉であることがわかる。3・11後の世界を捉え直すために必読の書!

まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。