★レビューに注目
もこもこもこ
商品コード :9784580813953
目と、耳と、あそびごころでたのしんで
価格 1,404円(税込)
著者名 たにかわしゅんたろう/作 もとながさだまさ/絵
出版社名 文研出版
外寸 サイズ 283×224 mm
ページ数 29
発売日 1977年04月25日
在庫 ご注文いただけます
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる


|1958年アメリカで原書刊行||1965年初版刊行

声に出して親子でたのしみたい
おかあさんが読むと、どんな感じ? おとうさんだと? どんな声で、どんなふうに読むかで、感じ方やおもしろさがちがいます。あかちゃんも大好き! かぞくみんなでたのしんでください。

あかちゃんは、もこもこ気分が大好き
鮮やかな色、へんな形、動きのある絵、おもしろいことばの響きがつくるのは、「もこもこ気分のもこもこ世界」。目と、耳と、あそびごころでたのしんでください。いちばんの読者は、あかちゃんかもしれません。

「もとながさんは、へんなえばかり、かきます」
と、谷川俊太郎さんは記します。さらに、「もとながさんのかく、へんなえがだいすきなので、いっしょにこのえほんをつくりました。そうしたら、えほんもすこしへんなえほんになりました」そのものズバリです!
「しーん」「もこ」「にょきにょき」「ぱく」「もぐもぐ」「つん」「ぽろり」
短いことばとともに、しだいに大きくふくれあがり、形や色を変えていく不思議なもの。
やがて「ぱちん!」とはじけて……。読み方のセンスでイメージがさまざまに変わるアートな絵本。
あかちゃんからおとなまでたのしめます。

関連商品

ふたりの孫が自分でめくって……

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員
ふたりの孫(2歳・1歳)に本を送っています。ふたりとも、自分でめくっていくうちに破けて『もこもこもこ』は本がボロボロです。(E・E)

息子(2歳4ヵ月)は、自分で声を出して読めるように

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員
いつもたのしみに待っています。息子(2歳4ヵ月)は『もこもこもこ』は自分で声を出して読めるようになっています。(H・H)

幼い子でも、好きな本とそうではない本があるのに驚き

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員
幼い子でも、好きな本とそうではない本があるのに驚きながら、今回はどうかな? とたのしみにしています。いまは『もこもこもこ』がいちばんのお気に入りです。(F・M)

さかさまにして見たり、大好きなページにもどったり

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員
『もこもこもこ』は大のお気に入りです。さかさまにして見たり、大好きな「ぱくっ」のところでは、ページを自分でめくって次に進んではまた前のページにもどったりしてあそんでいます。毎月たのしみにしています。(S・Y)

太陽のページでは娘の顔がまっ赤に

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員
最初はどのように読めばいいのかわからずあまり読んであげていなかったのですが、ある日ことばに合わせて動作をつけて読むと、娘(8ヵ月)が大笑い。それからこの本もよく読むようになりました。太陽のページでは娘の顔がまっ赤になり、それを見るのがわたしのたのしみでもあります。(T・K)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。