★レビューに注目
ぼくにげちゃうよ
商品コード :9784593500260
子うさぎは、家を出てみたくなって……
価格 1,080円(税込)
著者名 マーガレット・ワイズ・ブラウン/文 クレメント・ハード/絵 岩田みみ/訳
出版社名 ほるぷ出版
外寸 サイズ 211×189×10 mm
発売日 1976年09月01日
在庫 ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる


1976年初版刊行|1942年原書刊行

いろ〜んなものに変身!
子うさぎがいろいろなものに変身して逃げるのならば、かあさんうさぎも負けずに変身して追いかけます。くり返される変身が、ユーモラスで絶妙。ぐいぐい引き込まれてしまうんです。

「だって、おまえは とってもかわいい わたしのぼうやだもの」
かあさんうさぎは、どこまでも、絶対に追いかけてきてくれる。その安心感があるから、子うさぎはもっと逃げてみたくなる。かあさんの「わたしのぼうや」ってことばが、聞きたくて。

親子で役割分担して読み合うのもすてき
モノクロの左ページは子うさぎのことば、右はかあさんうさぎ。ページをめくると、変身したふたりがカラーで描かれています。このくり返しが心地よい驚きと、次への期待を生みます。
家を出てみたくなった子うさぎが、かあさんうさぎと話をしています。
「ぼく にげちゃうよ」「かあさんは おいかけますよ」。
さかなになったり、山の岩になったり、小鳥になったり、ヨットになったりして逃げるという子うさぎに、かあさんが用意したすてきな答え。親子の愛と信頼がぎゅっとつまった絵本。

ことばが愛情に満ちていて、こころがあたたかくなります

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員のお便りから
『ぼくにげちゃうよ』はことばが愛情に満ちていて、読んでいるとこころがあたたかくなります。息子(4歳)がちいさかった頃に届いた『おやすみなさいおつきさま』をいままた読んでいるのですが、さし絵が重なっていて、親子で「あっ! これはー!!」と言い合っています。つながるおもしろさもあり、何度もたのしませていただいております。(S・Y)

さわやかな気分になりました

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員のお便りから
暑くてだらけていたわたしに、“かわいいうさぎ”が、山の風を運んできてくれたようでさわやかな気分になりました。絵本ってすてきですね。 (H・T)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。