★レビューに注目
わたしのワンピース
商品コード :9784772100182
「ラララン ロロロン」と口ずさみながら、お散歩したくなる!
価格 1,188円(税込)
著者名 にしまきかやこ/絵・文
出版社名 こぐま社
外寸 サイズ 200×215×14 mm
発売日 1969年12月01日
在庫 ご注文いただけます
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる


|1969年刊行

「子どもの気持ちや大胆さをたいせつに」
にしまきかやこさんは、いつもそんなふうに絵本を描いているのだとか。子どもたちの夢や願望をひょいっと掬って、空に解き放ってくれるこの絵本。子どもにも大人にも、愛されています!

こんなオシャレなワンピース、ほしいな〜
うさぎさんのまっ白なワンピース。お散歩をするうちに、花・水玉・草の実・小鳥・虹・夕焼け・星……次々にすてきな模様に変わります。「このワンピース、ほしい!」という男の子もいるそうですよ。

まるで子どもが描いたみたい!
自由でのびのびした画風、明るい色使い、シンプルでリズミカルなことば……「ラララン ロロロン」はずむような気分になって、野原へおでかけしたくなる絵本です。
「ミシン カタカタ ミシン カタカタ」わたしのつくったまっ白なワンピース。「ラララン ロロロン」お花畑を散歩すると、あれっ、ワンピースが花模様に。雨が降ってくると水玉模様に、お空を飛ぶと虹の模様に……。まっ白なワンピースを着て、うたいながら、野原をお散歩したくなる絵本です。

ママとパパと3人で「にあうね」と言って笑い合っています

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員
娘は「ワンピース にあうかしら」のところで「にあうね」と言うのが最近のはやりです。夜寝る前は、ママとパパと3人で「にあうね」と言って笑い合っています。たのしい時間です。 (N・A)

わたしも大好きな絵本でした

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員
わたしも大好きな絵本でした。きっと孫も喜んでくれていると思います。読んでもらいながら夢をふくらませてくれるといいなと思っています。(Y・S)

ファッションにこだわりだした娘にぴったり!

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員
娘(2歳9ヵ月)はだんだんおませになってきて、ピンク色の洋服を着たいとかキャラクターもののシャツはいやだとか、彼女なりにファッションにこだわりがあるようです。なかでも大好きなのはワンピース。毎日でも着たがります。そんな彼女にとってこの本はまさにヒットでした!(R・I、R・H)

たのしめる年齢になりました

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員
以前、目を通したこの本。当時はまったく目もくれず素通りされた本でしたが、2歳半のいまはとても気に入っているようです。適齢ってやはりあるんですね。 (Y・M)

わたしが読んだ本を、娘にも

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員
わたし自身も子どもの頃に読んだ本が届き、なつかしい気持ちでいっぱいになりました。娘も気に入ったようで、「これよんで」と寝る前に毎晩せがんできます。「ラララン ロロロン」という軽やかなフレーズが子どもには心地いいようです。(N・M)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。