なぜドイツは脱原発を選んだのか 巨大事故・市民運動・国家
商品コード :9784772611398
ドイツの市民・政府が共に選択した脱原発という道
価格 1,944円(税込)
著者名 川名英之/著
出版社名 合同出版
外寸 サイズ 195×135×21 mm
ページ数 285
発売日 2013年07月29日
在庫 残りわずか(タイミングによってはお取り寄せになる場合がございます)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
1970年頃から始まった反原発運動の中から誕生した「緑の党」の活躍により、世界でも類を見ない環境先進国となったドイツ。 世界に先駆けて始めた環境教育は、市民の環境意識を育み、やがて世論を形成し、国を動かす力となった。 2011年3月11日の福島原発事故を受け、22年までの原発廃止を決定したドイツの選択を、日本も見倣うことができるのだろうか。

まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。