小出裕章 矢ヶ崎克馬 3・11原発事故を語る
商品コード :9784780707953
価格 617円(税込)
著者名 小出裕章、矢ケ崎克馬/著
出版社名 本の泉社
外寸 サイズ 214×160×6 mm
発売日 2011年09月13日
在庫 欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
いま、汚れてしまったこの世界を生きるには覚悟が必要です。この本は福島原発事故に向き合い、産官学が強固な原子力モラトリウムをつくって住民、国民を騙してきたことへの怒り。また子どもを守るために住民から国に、食物汚染の正確なデータ開示を要求していくことが必要と提案。誠実でまっすぐな二人の科学者が淡々と語ります。後半の矢ヶ崎論文では、内部被曝の本当の恐ろしさを痛感しました。

まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。