なぜメルケルは「転向」したのか ドイツ原子力四〇年戦争の真実
商品コード :9784822248901
価格 1,728円(税込)
著者名 熊谷徹/著
出版社名 日経BP社
外寸 19.2×13.6×2.8 cm
ページ数 272
発売日 2012年01月26日
在庫 欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
ドイツ首相アンゲラ・メルケルは、1989年の東西ドイツ統一後、最も成功した旧東ドイツ出身者といわれる。1954年ハンブルク生まれで、父親はルーテル教会の牧師。生後数週間のメルケルは、教会の指示で東ドイツに移るように命じられた両親と一緒に東ドイツへ移住した。

宗教に厳しい社会主義政権下にもかかわらず、メルケルは平穏な生活を送る。ライプチヒ大学で物理学を専攻し、理化学中央研究所で研究者として働いた。激動のベルリンの壁崩壊時には、「民主主義の出発」結党メンバーとなり、政治の世界に入った。統一後初の国政選挙には合流したキリスト教民主同盟(CDU)から出馬して初当選。翌91年にコール首相によって女性・青少年問題相に抜擢されて入閣。コールの秘蔵っ子といわれた。

2000年に野党となっていたCDUの党首となったメルケルは、2005年に社会民主党との大連立政権で首相に就任した。保守政党CDUの方針通り、メルケルは原子力関しては明確な原発推進派だった。ところが、3・11の福島の原発事故を機に原発撤廃へと態度を変える。そして、2011年6月、ドイツ連邦議会は「2022年12月31日までに原発の完全廃止」を決めた。

本書は元NHK記者でミュンヘン在住21年のジャーナリストが、メルケルの「転向」に象徴されるドイツの原発政策転換の背景をドイツの政治、社会の動向から追跡したノンフィクション。世界最強の環境政党・緑の党の存在、原発をめぐる世論を二分しての40年戦争、リスク感覚が異常ともいわれるドイツ人の不安心理など多角的に「転向」を説明している。

まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。