★レビューに注目
ぐりとぐら
商品コード :9784834000825
大きなたまごを見つけたふたりは……
価格 990円(税込)
著者名 中川李枝子/文 大村百合子/絵
出版社名 福音館書店
外寸 262×188×9 mm
発売日 1967年01月20日
在庫 ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
「ぼくらの なまえは ぐりとぐら。このよでいちばんすきなのは おりょうりすること たべること。」
読む人すべてを魅了する、あの「かすてら」は、おとなになっても食べたくてしょうがありません。
三世代に愛されているロングセラー。


1963年「こどものとも」版刊行|1967年初版刊行

一緒に口ずさみたくなります
♪「ぼくらの なまえは ぐりとぐら このよで いちばん すきなのは おりょうりすること たべること ぐり ぐら ぐり ぐら」シンプルでリズミカルなことばに、こころ弾みます。

絵本のカステラを、ぱくっ! ぺろっ!
おなべのふたを取ると、ふんわり、黄色いカステラ。「おいしそう〜!」絵をさわってみたり、ぺろっとなめたり、もぐもぐしたり。子どもたちは食べることが大好きです。

みんなで食べると、もっとおいしい
カタツムリ、カメ、リス、イノシシ、クマ、ゾウ……ヘビもワニも! 焼き上がったカステラを、みんなで分け合って、おなかいっぱい、胸いっぱい。幸せがたーくさんつまった絵本です。
のねずみのぐりとぐらは、森で大きな大きな卵を見つけました。その卵でふたりがつくることにしたのは、朝から晩まで食べても、まだのこるぐらい大きいカステラ! い〜いにおいに誘われて、森じゅうの動物たちが集まってきました……最後のページにはもうひとつ、サプライズが待っていますよ。ご注目!



■2016年1月26日から福音館書店の一部商品に価格改定がありました。
お求めいただく価格は新価格ですが、お届けする書籍の裏表紙に表記されている価格が旧価格の場合がございます。申し訳ございませんがどうぞご了承くださいませ。

はじめて届いた『ぐりとぐら』。

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員のお便りから
今年で3歳になった孫娘に、はじめて届いた『ぐりとぐら』。パパに読んでもらいましたが、保育園での読み聞かせで内容を覚えていたようで、ところどころ文章を覚えていたそうです。(S・K)

母になっても

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員のお便りから
『ぐりとぐら』は、母になってからもとてもたのしく読みました。(T・M)

「カステラつくりたーい!」

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員のお便りから
『ぐりとぐら』は、「カステラつくりたーい!」と大さわぎして喜んで読んでいます。(K・E)

知っている本に、「読んでー」

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員のお便りから
保育園で『ぐりとぐら』のシリーズを読んでもらっているようで届くと喜んで「読んでー」と言っていました。(A・E)

なつかしくて親の方が夢中に

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員のお便りから
『ぐりとぐら』が送られてきて、親のほうがなつかしくて夢中になってしまいました。(M・K)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。