★レビューに注目
うんこのあかちゃん おとうちゃんの出産絵日記
商品コード :9784861010675
おとうちゃん、生まれる瞬間をしっかり見届けて
価格 1,728円(税込)
著者名 長谷川義史/著 村中季衣/おせっかい助産師
出版社名 クレヨンハウス
外寸 サイズ 189×196×11 mm
ページ数 84
在庫 ご注文いただけます
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
絵本作家・長谷川義史さんが、3人の子どもの出産に立ち合って描いた絵日記が3つ。 ひとりめは病院で、ふたりめは助産院で、3人目は自宅出産で、と出産のスタイルもいろいろ。 村中李衣さんは、この出産絵日記の存在に注目し、世に生み出すのに立ち合った、いわば「助産師」。 その村中さんとの対談では、3つの出産をふりかえり、いまこそ語れるとまどいや本音も……。 出産って、どんなふうにすすむの? おとうちゃんは何ができるの? 出産を迎えるおかあさん、おとうさん、きょうだいと、家族一緒で読んでみてください。

出産に立ち会っている気持ちになれる本

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
以前から長谷川さんの絵本はあたたかみがあって大好きです。
おとうちゃんになる長谷川さんのようすが包みかくさず描かれていて長谷川さんのお家の出産に立ち会っている気持ちになりました。
ひとりひとりのお産は違うけれど、命をかけてうまれてくること、あかちゃんも、おかあさんも、おとうさんも頑張ったことは、みんな一緒やなぁ、と思いました。
(滋賀県 aoiro様)

出産立会いしているような!

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
絵にあたたかみがあって、以前から長谷川さんの絵本が大好きでした。
夫を誘って長谷川さんの展覧会に行った際、「うんこのあかちゃん」に出会いました。
「おとうちゃん」になる長谷川さんのようすが包み隠さず描かれていて、まるで出産に立ち会っているかのような気持ちに。
一人ひとりのお産はちがうけれど、命をかけて生まれてくること、あかちゃんも、おかあさんも、おとうさんも一緒にがんばったことは長谷川さんちと一緒やなぁ、と思いました。(滋賀県 aoiro様)

鼻につーん

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
私は助産師をしております。京都市では、妊娠期からママ、パパとかかわる
「プレママ訪問」を実施しています。
私は病院勤務から地域の助産師になりました。
プレママ訪問で、この絵本を読みきかせをさせていただいています。
だんなさんも一緒の場合、奥さんへのフォローもわかりやすいです。
頭が少し出てきて、「もうこのときからかわいいのだった」のくだりでは、
涙を流しながら聞いたはる妊婦さんもいはります。
祥ちゃんの場面まで読ませていただいてます。
なんというか、お父ちゃんの本も、お母ちゃんがつくったるも、おへそのあなも、
ラーメンの本も、へいわっての本も、長谷川さんの本、心にひびきまくり。
鼻につーんって、涙出るわ。(佐野弘美様)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。