★レビューに注目
ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 「とびたいぶたですよ」
商品コード :9784861012617
本国でシリーズ100万部突破!ひとりでもたのしい、ふたりだと、もっとたのしい!
価格 1,540円(税込)
著者名 モー・ウィレムズ/作 落合恵子/訳
出版社名 クレヨンハウス
外寸 240×170×15 mm
ページ数 57
シリーズ名 ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本
発売日 2013年08月23日
在庫 ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
セサミストリートの放送作家だった作者が手がける、累計100万部の人気シリーズの邦訳化です。
まじめで哲学者みたいなぞうのジェラルドと、おてんばで元気なぶたのピギーは、大の仲良し。 ある日、ピギーが「きょうこそ わたし とぶんだ!」と宣言、ジェラルドは「ぶたは いっしょう とべない!」と言い切りますが……。
シンプルすぎるような会話……そこにふたりの関係が表れています。できないことはできないと言い、やりたくないことはやりたくないと言う。お願いしたいことはおねがいね、って言う。これって、わたしたちの目指す関係なのかもしれないですね。


ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 「とびたいぶたですよ」
Mo Willems(モー・ウィレムズ)
○モー・ウィレムズ/作
アメリカ・ルイジアナ州生まれ。大学卒業後、マンガを描きながら世界中を旅する。帰国したのち、テレビ番組「セサミ・ストリート」の放送作家、アニメーターとして活動を開始。エミー賞を6回獲得するなど活躍。現在、人気絵本作家として精力的に活動中。著書に、コルデコット賞オナー賞受賞作『トリクシーのくたくたうさぎ』(ヴィレッジブックス)、『エドウィーナ』(光村教育図書)、『まちのいぬといなかのかえる』(岩波書店)などがある。2007年から刊行を開始した「ぞうさん♡ぶたさんシリーズ絵本(An ELEPHANT & PIGGIE Book)」は、ドクター・スース賞をたびたび受賞している。
○落合恵子/訳
1976年よりクレヨンハウスを主宰し、文化を明るく拓いていく提案を続けている。著書に『絵本屋の日曜日』、『てんつく怒髪 3.11、それからの日々』(以上、岩波書店)、『自分を抱きしめてあげたい日に』(集英社新書)など。翻訳書に『ハグくまさん』(クレヨンハウス)、『かあさんは どこ?』(ブロンズ新社)など。

関連商品

ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 「とびたいぶたですよ」
本国でシリーズ100万部突破!ひとりでもたのしい、ふたりだと、もっとたのしい!
価格 1,540円(税込)
ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 「あたまのうえにとりがいますよ」
本国でシリーズ100万部突破!ひとりでもたのしい、ふたりだと、もっとたのしい!
価格 1,540円(税込)
ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 「くしゃみがとまらないのですよ」
本国でシリーズ100部突破!
価格 1,540円(税込)
ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 「ダンスができないぞうさんですよ」
ぞうさんにしか、できないこともある?
価格 1,540円(税込)
ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 「スーパーぶたさんですよ」
ことばと表情と「間」の妙がおもしろいこのシリーズ
価格 1,540円(税込)
ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 「びっくりごっこですよ」
本国アメリカで、シリーズ累計100万部超の大人気!
価格 1,540円(税込)
ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 「あたらしいおもちゃがすきですよ」
喜んで、おこって、泣いて、ふたりの気持ちは大忙し!
価格 1,540円(税込)
ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 「ともだちがかなしんでいますよ」
ともだちがかなしんでいる理由は?
価格 1,540円(税込)
ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本「そとであそびますよ」
本が苦手な子も、スラスラ読める会話絵本です
価格 1,540円(税込)
ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 「パーティーによばれましたよ」
本が苦手な子も、スラスラ読める会話絵本です
価格 1,540円(税込)

はじめてひとりで読めた!

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
えがおもしろかったです。
はじめて最初から最後まで
ひとりで読むことができました。
カタカナにもふりがながあったら
よかったな、と思います。(鈴木怜奈様より)

おもしろい!

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
たのしい内容だったので
全冊読みました。
おもしろいです!
ピギーとジェラルドは仲良し!(創造様より)

真の友だちについて

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
友だちって何かなと考えました。
価値観が同じような人と仲良くなれるのは当たり前。
立場や大切にしているものが違っても
それでも信じられる人こそ、真の友だちだと思います。

モー・ウィレムズさんは、ぞうさんとぶたさんを通じて
優しく語りかけてくれていると思います。
いつもすてきな絵本をありがとうございます。


読んだあとはほっこり

レビュースコア:5点  投稿者:ブッククラブ会員のお便りから
ぞうさん?ぶたさんのキャラクター。とくべつかわいいわけではないけれど、読んだあとはほっこりとした気分になりますね。孫にも読んであげようと思います。(Y・M)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。