★レビューに注目
【販売終了】ぺっこぺこヒグマ
商品コード :9784861012785
あべ弘士さんが、ヒグマになって訳しました!
価格 1,650円(税込)
著者名 ニック・ブランド/作 あべ弘士/訳
出版社名 クレヨンハウス
外寸 260×250×4 mm
ページ数 24
発売日 2014年04月25日
在庫 販売終了しました
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
はらぺっこぺこのヒグマが釣りをしていると、釣れたのはなんと氷に乗ったシロクマ! シロクマは魚をいっぱい抱えて、ひと休みするところを探しています。 一緒に探してくれたらあげるという魚につられて、ヒグマはシロクマを森へと案内します。 でも、ヒグマの家はシロクマには温かすぎだし、涼しいモグラの家は狭すぎて……。

似ているようで違ってるヒグマとシロクマ。
旭山動物園の飼育係を25年つとめた絵本作家あべ弘士さんが、ヒグマになりきって訳したという初の翻訳絵本です。
■全国学校図書館協議会選定図書
○ニック・ブランド/著
1973年オーストラリア・ビクトリア州ヤラ・バレー生まれ。芸術家と小学校教師を両親に、幼少時代を農場で過ごす。幼いころから漫画家と作家になりたかった彼は、1996年に書店で働きはじめたことをきっかけに、絵本作家をめざす。2005年に"A Monster Wrote Me a Letter"でデビュー。現在はノーザンテリトリー準州ダーウィンに暮らし、作家・画家として活躍するほか、週末はアボリジニーの少年たちの寄宿舎で舎監の仕事をしている。文を担当した『だいすきだっこ』(岩崎書店)で2012年オーストラリア児童図書賞受賞。

○あべ弘士/訳
1948年北海道旭川市生まれ。旭山動物園の飼育係として25年間勤務。ガチョウに逃げられたりカワウソと散歩したりするかたわら、タウン誌への執筆をきっかけに、絵本作家に。『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞を受賞。「ハリネズミのプルプルシリーズ」(文溪堂)で赤い鳥さし絵賞、『ゴリラにっき』(小学館)で小学館児童出版文化賞、『どうぶつゆうびん』(講談社)で産経児童出版文化賞・ニッポン放送賞を受賞。著書に『新世界へ』(偕成社)、「かわうそ3きょうだい」シリーズ(小峰書店)、『どうぶつ友情辞典』(クレヨンハウス)ほか多数。

関連商品

あべ弘士どうぶつ友情辞典
動物を身近に感じて
価格 1,760円(税込)

真似をしながら

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
「ハックショーン」とくしゃみをするところが
大好きで、シロクマの真似をしながら読んでいます。
(前野咲智様より)

シロクマに興味津々

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
ヒグマがシロクマの家をあとにするシーンが
とてもかっこよくて、
男同士の友情のようでした。
息子はシロクマは氷や寒いところが好きなんだ!!と
そしてお魚もたくさん食べるんだ!!と興味を
もっていました。
いろいろな動物の家が出てきて
たのしんでいました。(中川龍様より)

ヒグマとシロクマの住環境

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
ヒグマとシロクマのやりとりが面白かったです。
同じクマでも、住む環境が違うということを
子どもが理解できたと思います。
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。