★レビューに注目
ぷんぷんヒグマ
商品コード :9784861012983
寝ているヒグマ、起こすべからず!
価格 1,650円(税込)
著者名 ニック・ブランド/作 あべ弘士/訳
出版社名 クレヨンハウス
外寸 260×250×10mm
ページ数 24
発売日 2015年01月23日
在庫 ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
ヒグマが眠っていたほら穴に、雨宿りでやってきたシマウマ、ライオン、ヘラジカ、ヒツジ。
突然起こされてふきげんなヒグマは、大声をあげて4ひきを追い出そうとします。
シマウマ、ライオン、ヘラジカは、ヒグマのきげんを直そうとあることをしますが、
かえって怒りに火をつける結果に。そこでヒツジがしたことは……?
本当に相手のことを想って行動できたヒツジに拍手!


旭山動物園の飼育係を25年つとめた絵本作家あべ弘士さんが、ヒグマになりきって訳したという翻訳絵本のシリーズ2作目です。

○ニック・ブランド/著
1973年オーストラリア・ビクトリア州ヤラ・バレー生まれ。芸術家と小学校教師を両親に、幼少時代を農場で過ごす。幼いころから漫画家と作家になりたかった彼は、1996年に書店で働きはじめたことをきっかけに、絵本作家をめざす。2005年に"A Monster Wrote Me a Letter"でデビュー。現在はノーザンテリトリー準州ダーウィンに暮らし、作家・画家として活躍するほか、週末はアボリジニーの少年たちの寄宿舎で舎監の仕事をしている。文を担当した『だいすきだっこ』(岩崎書店)で2012年オーストラリア児童図書賞受賞。

○あべ弘士/訳
1948年北海道旭川市生まれ。旭山動物園の飼育係として25年間勤務。ガチョウに逃げられたりカワウソと散歩したりするかたわら、タウン誌への執筆をきっかけに、絵本作家に。『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞を受賞。『ハリネズミのプルプルシリーズ』(文溪堂)で赤い鳥さし絵賞、『ゴリラにっき』(小学館)で小学館児童出版文化賞、『どうぶつゆうびん』(講談社)で産経児童出版文化賞・ニッポン放送賞を受賞。著書に『新世界へ』(偕成社)、『かわうそ3きょうだい』シリーズ(小峰書店)、『どうぶつ友情辞典』(クレヨンハウス)ほか多数。

関連商品

あべ弘士どうぶつ友情辞典
動物を身近に感じて
価格 1,760円(税込)
ぺっこぺこヒグマ
あべ弘士さんが、ヒグマになって訳しました!
価格 1,650円(税込)

プンプンと楽しんでいる

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
1歳7ヶ月の息子に読み聞かせしています。
ヒグマをみると、「プンプン」っと呼んで指さし、とても楽しんでいるようす。
大人がみてもおもわず笑ってしまうような
とてもやさしい気持ちになります。(りんちゃんママ様より)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。