★レビューに注目
サンカクさん
商品コード :9784861013416
ジョン・クラッセン(絵)×長谷川義史(訳)の新シリーズがやってくる!
価格 1,944円(税込)
著者名 マック・バーネット/文 ジョン・クラッセン/絵 長谷川義史/訳
出版社名 クレヨンハウス
外寸 サイズ 228×228×12 mm
ページ数 45
発売日 2017年08月25日
在庫 ご注文いただけます
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
無題ドキュメント
あるひ さんかくさん どっか いきよる
「シカクに わるさ しにいくねん」
「みててみ、おもしろいことに なるで……」
サンカクさんとシカクさん、これぞあたらしい友情のかたち?

人気絵本『どこいったん』『ちがうねん』『みつけてん』でおなじみのジョン・クラッセンさん新シリーズ!
長谷川義史さんの翻訳はもちろん大阪弁!






○マック・バーネット/文
受賞歴多数の児童書作家。『サムとデイブ、あなをほる』『アナベルとふしぎなけいと』(ともに、あすなろ書房)でコールデコット賞を受賞。どちらも絵は、ジョン・クラッセンが手がけた。そのほかの作品に『President Taft is Stuck in the Bath』(イラストは、クリス・デューセン)など。カリフォルニア在住。

○ジョン・クラッセン/作
1981年カナダ・オンタリオ州ナイアガラフォール生まれ。はじめて文と絵を手がけた絵本『どこいったん(I WANT MY HAT BACK)』は、2011年ニューヨーク・タイムズベストセラー、ドクター・スース賞オナー賞などを受賞。第二作『ちがうねん(THIS IS NOT MY HAT)』は2013年コールデコット賞(イギリス)をダブル受賞し、絵本史上初の快挙を成し遂げた。

○長谷川義史/訳
1961年大阪府藤井寺市生まれ。『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)、『おへそのあな』(BL出版)、『てんごくのおとうちゃん』(講談社)、「いいから いいから」シリーズ(絵本館)、『うん このあかちゃん おとうちゃんの出産絵日記』(クレヨンハウス)など著書多数。ユーモラスでおおらかな独自の世界を生み出す一方、平和をテーマにした絵本で、新たな境地を切り拓いている。


関連商品

どこいったん
ぼくのぼうし、どこいったん?長谷川義史さん訳の大阪弁が絶妙!
価格 1,836円(税込)
ちがうねん
原書「THIS IS NOT MY HAT」が2013年コルデコット賞、2014年ケイト・グリーナウェイ賞をW受賞!W受賞は史上初の快挙です!
価格 1,836円(税込)
みつけてん
あの「どこいったん」「ちがうねん」につづく最新刊!
価格 1,944円(税込)

異世界への窓のよう

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
表紙絵のサンカクさんの目にじっと見つめられて、つい購入(笑)。こういうとぼけた絵本、大好きです。しかも、なにげに絵が美しい。角がカットされた各ページの形も、異世界への窓のようで、とてもステキですね。大阪弁ネイティブでないのが悔しいなと思いながら、息子たちに読み聞かせしました。「シュールだね」(中2)とのこと。(東京都 きい様)

なんかカワイイ

レビュースコア:4点  投稿者:読者カードより
かわいいようなかわいくないようなサンカクさんが、わざわざ遠い道を歩いてシカクさんにいじわるをしに行く……。絵もお話もシュールな絵本でした(笑)。でもやっぱりなんかカワイイです。(青森県 N.N様)

噛めば噛むほど味が出てくる

レビュースコア:4点  投稿者:読者カードより
なんかけったいな絵本やなあ。読むたんびに感じ方が違うみたい。
噛めば噛むほど味が出てくるというのか、不思議な絵本やわ。
多分、これは読むひと、見るひと、によっても味が変わるんとちがうやろか。
そんな気がするで。
読んでもらう子どもはどやろか。
今度本屋さんで読んで、子どもの反応を見てみたいものや。(京都府 H.M様)

同じではない者同士が……

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
『ちがうねん』『どこいったん』『みつけてん』をジョン・クラッセンの美しくもこころあたたまる絵が大好きで持っています。
今日、これを見つけてまたまたこころにポッと灯がともったみたいです。彼の絵はどれも、とにかく色が美しい。そしてユーモア。同じではない者同士がこころを通わせているのがステキですね。(兵庫県 N.I様)

待っていました!

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
ジョン・クラッセンさんの新しい本を待っていました!
長谷川義史さんのリズムのゆったりした関西弁とちょっとふてこいクラッセンの絵が、今回もしっとりハマっていて最高です!
マック・バーネットさんは、ジョン・クラッセンさんの絵を想定しておはなしを書かれたのでしょうか? 勝手にそんな気がしております。続刊「シカクさん」もたのしみにしています!!(滋賀県 Y.T様)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。