無題ドキュメント



〜写真でたどる〜
「クレヨンハウス  夏の学校2016 」
2016年8月6日〜8月8日@東武ホテルレバント東京


--------参加講師(順不同)--------
樹木希林さん 浜矩子さん
木村草太さん 平田オリザさん
鶴田静さん 和久洋三さん
野出正和さん 小黒三郎さん
浦中こういちさん 前田けいこさん
長谷川義史さん 新沢としひこさん
落合恵子

総勢13名の講師と参加者460名の熱気と感動に溢れた3日間となりました。
参加してくださったみなさま、講師のみなさま、ホテルのみなさま、ありがとうございました。

>8月6日(1日目)     >8月7日(2日目)      >8月8日(3日目)



8月6日(1日目)


今年も錦糸町の東武ホテルレバント東京で「夏の学校」が始まりました。
お世話になるホテルのご担当・シェフのご紹介、そして講師を檀上にお迎えして開校式を行います。



  • 第一講義は、落合恵子「生きる、ということ」。
    自身のこれまでの活動とこれから、沖縄のこと、今年見送った敬愛する方々のことなど、たくさん語りました。


  • サインのあとは分科会です。平田オリザさんは「わかりあえないことから」をテーマに講義。
    相手も同じように「わかっているにちがいない」という思い込みが、いかにコミュニケーションをむずかしくしているかについて、ワークショップを通して実感させてくださいました。



  • 浦中こういちさんは「パネルシアターをつくってみよう」。思い思いの楽しいシアターができました!



  • 鶴田静さんは、ベジタリアンであることを選んだご自身の考え方について紹介。ピタゴラスやプラトンの時代から連なるベジタリアンの歴史、またご自身の菜園の様子もスライドで紹介いただきました。


    和久洋三さんの「積木で遊んで積木を語る」。なんと積木(WAKU-BLOCK)120箱分を使ったインパクトのある講義となりました。参加者もそれぞれ自由な積み木の世界を体験。


    いよいよお楽しみの「ベジタリアンディナー」。
    鶴田静さんレシピをもとに、ホテルのシェフが腕をふるってくれました。


    写真左「グリーンポタージュ」。きゅうりとトマトの味がさわやか。
    写真右「ギリシャ風ムサカ」。大豆ミートやスパイスのきいた野菜の上にたっぷりのビーガンチーズです。


    第二講義は平田オリザさん「広場としての劇場」。
    格差が広がるいまの社会のなかで、地域の文化の魅力をいかに発見し、「文化資本」として次の世代へと手渡していくことができるか。各地の実例をもとに、お話いただきました。




    ミッドナイト企画は、落合恵子「ファッションショー」。自身がはじめてデザイナーとして手がけたブランド「Ms.crayonhouse」を、大好きな音楽とあわせて紹介しました。
    スペシャルゲストとして、鶴田静さん、澤地久枝さんが「Ms.crayonhouse」を着て登場!
    澤地さんは今回受講生としてご参加くださっていました。



    会場ロビーには特設のおもちゃコーナーが。
    大人気のパペットや、アナログゲーム、積木、また小黒さんの組木実演などもあり終始にぎやかに。




    8月7日(2日目)



    2日目は、樹木希林さん主演の「あん」映画鑑賞。観たあとにご本人が登場!
    「あん」のエピソード、またご自身の役者人生と色とりどりの話に会場が盛り上がりました。
    当日の羽織は実はもともとはズボン!自由な発想が素敵でした。


  • 第四講義は憲法学者の木村草太さん「いま、憲法を読む」。
    ふだんなかなか読み解くのが難しい日本国憲法を、わかりやすくお話くださいました。



  • おもちゃコーナーでは、小黒三郎さんの貴重な「糸のこ体験」コーナーが。



  • 落合恵子の分科会は「加齢の快楽」。
    参加者の方々にもマイクを片手に意見を発言していただきました。
    ともに考えることで、それぞれが自分と向き合う意義深い時間となりました。



    浦中こういちさんは「みんなでシアター おーい!おーい!ここですか?」。
    色とりどりの紙の素材をもとにそれぞれが作成。レベルの高い作品も多数!


  • 前田けいこさんは「自分の中の自然が目覚める暮らし方〜綿にふれ、布ナプキンづくり」。
    オーガニックコットンを使った布ナプキンを作り、使う。身体にたいしてやさしくセンシティブになれる話を伺いました。



  • 小黒三郎さんと野出正和さんは、小黒さん「日本発、「組木」の魅力」、野出さん「大人も子どももこころの底から笑顔になっちゃう工作を特別におしえちゃうよ!」。




  • ディナーの時間。その間も組み木の体験コーナーには列が。



  • さてお待ちかねの、新沢としひこさんコンサート!
    美しい歌声、心にひびく詩、軽快なトークで大満足。




    8月8日(3日目)



  • 第五講義は、浜矩子さん「経済とは人と人とが出会うこと」。
    そもそも経済はなんのために生まれたのかの根源的な問いを投げかけ、軽妙なスパイスの効いた話に会場が沸きました。



  • 第六講義は、長谷川義史さん「明日を変えよう。」
    クレヨンハウスから10月に刊行予定の「みつけてん」もお披露目!新刊「たこやきのたこさぶろう」や「へいわってすてきだね」の読み聞かせも。笑いも感動もたくさんの講義でした。



  • 閉校式です。
    講師の方々から一言ずつ頂いたあと、メッセージ入りの修了証を参加者に渡しました。



  • 講師のみなさま、参加者のみなさま、ありがとうございました!

    撮影/黒田昌志



     
    ※クリックすると、拡大表示します




    >> 「クレヨンハウス夏の学校」2017の概要ページへ