無題ドキュメント



「クレヨンハウス 夏の学校2017」開催!
8月5日(土)〜7日(月)@東武ホテルレバント東京 

【無事に終了いたしました。ありがとうございました】
たくさんの出会いと学びと感動にあふれた2泊3日となりました!
参加してくださったみなさま、講師のみなさま、ホテルのみなさま、ありがとうございました。



「夏の学校2017」の様子をこちらからご覧いただけます



「修了証」には、講師の方々からのメッセージ!(画像をクリックすると、拡大表示します)



<今年の講師の方々です!>

2017年講師の方々です 【全体講義 7】+【分科会 2】

なかにし礼 西巻茅子 中村哲 松元ヒロ 新沢としひこ とよたかずひこ 長谷川義史 浦中こういち
落合恵子

お知らせ 2017.5.29 発達を支援するおもちゃ「TAG-TOY(タグ・トイ)」の開発者、ラリー・メストネック博士が来日決定!「夏の学校」に特別参加、ご講演もいただくことになりました。貴重なお話を直接うかがえるチャンスにご期待ください。 >TAG-TOYについてはこちら

〇ラリー・メストネック博士(Larry Mestyanek.Ph.D.)
1967年 哲学学士号、1968-73年米国空軍将校として英国勤務、1972年カウンセリング心理学修士号、1974年教育心理学修士号、1979年教育心理学博士号

心理学と教育学の博士号に続いて、教育心理学博士号を修得するとともに、障がい児や軽度発達障がい児、さらに学習困難児へのセラピーおもちゃの開発に取り組み、1976年にTAG TOY社を設立。当初は、自宅のガレージのわずかなスペースで製造、出荷を行っていたというTAG TOY社。子どものおもちゃ遊びによって脳が刺激されたとき、脳神経細胞と脳神経細胞を結ぶシナプスが活動し、互いを模倣し完結させるのだというのです。このことが彼のセラピー教具の開発、普及の中で、正しく裏付けられました。  



夏の学校スケジュール
※クリックで拡大します(別ウインドウ)





昨年2016年「夏の学校」の様子を、こちらからご覧いただけます!