これがうれしかった!グッズ

うさぎスタイオーガニックコットンのセット
箱を開けると、うさぎのスタイやタオルが入っていて、さわりごこちも色味もとてもやさしく、生まれたばかりの娘にすぐに使えました。布ものは、とにかくたくさん必要なので、肌にやさしいものは何枚あっても、うれしいです。
山本(出版部)

うさぎスタイマルティナカレンドラベビークリーム
あかちゃんの股やおしりなどのかぶれが気になるところに使うと、あかちゃんは代謝がいいとはいえ、次の日には赤みが消えていて、効果の早さにびっくり。冬は、かなり乾燥した部分のケアに使っていましたが、やはり即効性あり。自分でもリピート購入し、特に冬に活躍しています。
池田(ミズクレヨンハウス)

ヴェレダカレンドラベビーミルクローション
夏はマルティナはやや感触が重いので、軽いテクスチャーのヴェレダカレンドラベビーミルクローションを乾燥ケア用に購入。のびがいいので、お風呂上がりにすたこら歩きまわる子を追いかけながらでも、ささっと塗れるのがいいです。じつは、わたしは妊娠線予防にこれを使っていました。連れ合いも、顔の湿疹に塗るようにしたら赤みがでなくなったと言っていました。コストパフォーマンスがいいのもうれしいです。
池田(ミズクレヨンハウス)

オーブリー ナチュラルベイビーボディローション
リーズナブルで、たっぷり入っているので、親子やきょうだいで共有してもいいかも。知人の男性が「あかちゃんって、いいにおいがするんだなあ」と、しきりに息子のにおいをかいでいたので「?」と思ってにおいをたしかめたら、オーブリーのにおいでした。
若林(子どもの本売り場)

オーガニックのベビー服とベビー用コスメ
オーガニックのベビー服とベビー用コスメのつめあわせが実用的で、とても役に立ちました。ベビー服はbabycrayonhouse の2wayドレスプリスティンの肌着を柄違いで2着。 ベビー用コスメは、大人の肌にもいいので、子どもだけでなく、わたし自身も一緒に使わせてもらいました。以後、ヴェレダ のカレンドラ ベビーミルクローションベビーソープは、自分でも何度かリピート買いしました。
佐藤(編集部)

<オーガニックコットンのバスタオル
バスタオルはおふとんに敷いたりするほかに、お出かけするときにもち歩くと、どこかで寝かせたり、スーパーなど寒いところでも使えて、 ものすごく重宝します 。
足立(元大阪店)

うさぎスタイ小児科へ行く前に
いちばん役立ったのは『小児科へ行く前に』でした。子どもの発熱、湿疹、下痢、便秘などのとき、この本を必死に読みました。ちょっとひまな時間ができたときも、パラパラと読んで頭に入れておいたり。おかげで、あわてて夜中に小児科に行かずにすんだと思います。
戸来(編集部)

ガーゼケット
ガーゼのハーフケットが、とても重宝しました。ガーゼのやわらかな肌触りがあかちゃんもうれしいし、 ベビーカーで出かけるときも、かさばらずにもって歩けて、いろんな場面で役立ちました。 肌寒いときにはかけたり、くるんであげたり、出かけた先で敷いた上に寝かせられるし、何通りにも使えて役立ちます。
瀬戸(レストラン広場)

よだれかけとあかちゃん用の防寒着
まとめてたくさんいただいたよだれかけは、保育園に行くとき、毎日必ず複数もたせなくてはいけなかったので、とても役立ちました。あかちゃん用のつなぎになっている防寒着も、なかなか売ってないものだったので、いただいてとっても役立ちました。冬の通園時、この防寒着を着せてベビーカーにのせたり、スリングで連れて行ったりしました。とくにベビーカーにのせたときに、あしやおなかの冷えを気にしなくてすんだのが安心でした。
戸来(編集部)

うさぎスタイ離食用の木製スプーンとフォークのセット 
離乳食をはじめるまでは、スプーンとフォークを飾っていました。 いまはもうガジガジにかまれてガタガタになってしまったし、小さすぎるので使っていませんが、大事にとってあります。
松原(子どもの文化普及協会)

カフェインレスのコーヒー&ハーブティー
肌ざわりのよいオーガニックコットンのバスタオルはからだをふく以外にも、おくるみにも、あかちゃんのちいさなからだにはタオルケットとしても使えるので、うれしかったです。出産したわたしにと、ストールや カフェインレスのコーヒーやハーブティーをいただいたのも、うれしかったです。
箱崎(元大阪店)

ヴェレダのバスミルク
ヴェレダのベビーバスミルクベビーミルクローションはすっかり気に入って、自分でも購入して愛用しました。あかちゃんの肌にもやさしいし、香りがいいので、とてもいやされます。ヴェレダはベビー用のほかにも、いろんな香りのバスミルクがあって、よくプレゼントにしています。あかちゃんだけでなく、がんばったおかあさんへの贈りものは、わたしもうれしかったです。あのひとにはこの香りが合いそう!と選ぶのもたのしく、どなたに喜んでもらえます。
瀬戸(レストラン広場)


これがうれしかった!おもちゃ

うさぎスタイナンヒェンのほおずり人形あひる
3か月くらいのときに、ほおずり人形あひるを購入。あひるのくちばしで、よだれをちょんちょんとふいていました。 なんだか気に入ったようで、10か月くらいまで、よくこれを握っていましたし、泣いたときにそばに置くと泣きやむ……なんて魔法も、たびたびかけてくれました。その後、自分でも友人の出産祝いとして何度か贈っています。
池田(ミズクレヨンハウス)

うさぎスタイHABAブロックス・カラー
最初は、かじったりなめたりしていました。円錐の形のものからもってあそびはじめ、いまは自分で出して積み、力作ができると「写真とって」と言ってきます(笑)。
松原(子どもの文化普及協会)

うさぎスタイケルンボール
くるくる回転させると、目を輝かせて見入ります。近所の子育て支援センターにもありますが、ケルンボールがくるくるまわりはじめると、あかちゃんから幼児まで、そばに寄ってきます。
若林(子どもの本売り場)

おしゃぶりクリップてんとうむし
クリップで取りはずしできるので、バギーにつけてたのを、だっこひもにサッと付け替えたりできるのが便利です。だっこして電車に乗るとき、重宝していました。クリップの先に着けたおもちゃだけでなく、クリップそのものでもあそべます。ウッドビーズを指差して「あか、あお……」と、おぼえたての色を確認するのがたのしかったようです。
若林(子どもの本売り場)


これがよろこんだ!絵本

うさぎスタイきんぎょがにげた
3か月くらいのときに、両親からもらいました。ビビッドな五味さんの絵が息子には気に入ったようで、これを読むと、月齢の小さなころから、よく笑顔を見せてくれました。
池田(ミズクレヨンハウス)

もこもこもこ
1歳過ぎまであんまり反応がなかったのですが、あるとき急にツボにはまったみたいです。「もぐもぐ」のところでは自分も食べる真似をして、「ぷうっ ぎらぎら ぱちん!」と自分で言って、「ふんわ ふんわ」のところではからだを揺らしています。
若林(子どもの本売り場)

うさぎスタイくっついた
「おかあさんとわたしが」のところを息子の名前に置き換えて読んでいるので、自分が登場する本と思っているみたいです。「くっついた!」ってスキンシップをたのしめるのがいいですね。
若林(子どもの本売り場)

うさぎスタイまり
まだまだ絵本に興味を示さない月齢のころから、「ぴゅーん」「ぴしゃ」のページがとくに大好きで、何度もページを戻して見ていました。しゃべれるようになったある日、すでに破いてなくなってしまったページのことばを、突然「ことん」「ころころころ」と教えてくれたときはびっくりしました。
池田(ミズクレヨンハウス)

うさぎスタイバナナです
バナナが大好きなので、まず表紙でニヤッと笑いました。毎ページごとに、バナナをつまんで口にもっていく真似をしています。動物が食べているのを横取りして食べるのも、おもしろいみたいです。
若林(子どもの本売り場)

じぶんだけのいろ』 と 『あんよあんよ
贈ってくださった方の名前と、読んだときの反応などを書き記しています。記念にもなる絵本は、いただいてうれしかったです。色や絵、そのかたちを見てたのしんでいるようです。 ちなみに娘のお気に入りは、『じぶんだけのいろ』と『あんよあんよ』です。
箱崎(元大阪店)

うさぎスタイどうぶつあれあれえほん 第4集 かくしたのだあれ/たべたのだあれ
とにかくデザインがいいです。子どもは絵探しでたのしんでいるし、おとなはデザインと色彩の美しさに感心しています。
若林(子どもの本売り場)

うさぎスタイびりびり
いちばん最初に反応した絵本。絵をよく見ない月齢のときでも、リズミカルなことばを、たのしそうに聞いていました。まだ反応がうすい時期でも、『びりびり』は歌を聞かせているように読めるので、最初の絵本におすすめです。
若林(子どもの本売り場)

うさぎスタイあっちゃんあがつく』『しりとりしましょ! たべものあいうえお
娘もわたしも食べることが大好きなので、絵本も、食べものがテーマの本が揃っています。なかでも娘のお気に入りは、おいしそうな食べもの満載の『あっちゃんあがつく』と『しりとりしましょ! たべものあいうえお』。いまでは小学生になった娘は、知人にあかちゃんが生まれると、この2冊を「あかちゃんにあげようよ」と選んでくれます。
瀬戸(レストラン広場)