商品コード:9784871540759

生活保護「ヤミの北九州方式」を糾す

1,760円(税込)
1,600円(税抜)
著者名
藤藪 貴治 尾藤 廣喜
「オニギリ食いたい」の日記を残して、昨年7月に北九州市で52歳の男性が餓死した。生活保護を受けられずに餓死や自殺が相次ぎ、「福祉が人を殺す街」といわれる北九州市。しかも、国は「北九州市は生活保護行政のモデル」と賞賛。元市福祉事務所職員と生活保護問題に詳しい弁護士がその内実を告発し、生活保護行政の改善の道を示す。生活困窮者急増のいま、「全ての国民が健康で文化的に生きる権利」が保障される国の姿を問う。 (あけび書房 清水まゆみ)
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない