おすわりの頃

いつからあんなふうに、おすわりをするようになった? もう誰もわからない。そう、いつのまにか。……あかちゃんには、そんな「いつのまにか」がたくさんありますね。いつのまにか「おすわり」していて、いつのまにか「ハイハイ」していて……。 それらがぜーんぶ、あかちゃんの好奇心のなせるわざ、だとしたらどうしますか?何があかちゃんの好奇心を引き出したか? 気になりますよね。そこに、優れたおもちゃの秘密が隠れていて、あかちゃんの脳の配線をつなげていって、奇跡をおこすのでは?

●まわりを見る・両手を使う
おすわりができると目線が高くなり、視界がぐんと広がります。自分のまわりにあるものごとを知りたい・たしかめたいという好奇心も強くなります。両手も自由に使えるようになって、さわると動く・鳴るおもちゃが大活躍。
●だいすきなひととあそぶ喜び
身近なひととのかかわりも深まり、一緒にあそぶのをとても喜びます。おもちゃの手渡しやまねっこあそび、絵本を読んでもらうのもうれしい時期です。