「いいね」vol.21 いろいろだしの素 P37

オーサワの野菜ブイヨン 顆粒タイプ
オーサワジャパン
国内産野菜の旨みが凝縮、植物性素材でつくった洋風だしの素
在庫:ご注文いただけます(取寄せの場合には入荷までに7日以上かかる場合もございます)
価格 388円 (税込)
カートに入れる

<オーサワの野菜ブイヨン>


野菜の旨みがお料理の味を引き立てる洋風だしの素。

動物性原料、遺伝子組み換え大豆、化学調味料などの添加物は使用していません。

ピラフ、シチュー、ポトフ、カレーなどのベースにお使いください。

<1袋5gのご使用目安>


●ピラフ、炊き込みごはん・・・3〜4人前

●カレー、シチュー・・・2人分

●ロールキャベツ・・・3〜4人分

※スープとしてお飲みの場合は1袋を約300ccのお湯で溶かしてください。

オーサワの中華だし 40g(5g×8包)
オーサワジャパン
植物素材でつくった中華だし。さっと溶ける粉末タイプ。
在庫:ご注文いただけます(取寄せの場合には入荷までに7日以上かかる場合もございます)
価格 409円 (税込)
カートに入れる

<野菜の旨みとスパイスが料理に深みを与える中華だしの素>


生姜と香辛料がほどよくきいた奥深い味わい。 砂糖・動物性原料。化学調味料などの添加物は使用していません。

チャーハン・野菜炒め・餃子・麻婆豆腐などのベースにお使いください。

<1袋5gのご使用目安>


●チャーハン・・・2人分
●炒め物・・・2人分
※スープとしてお飲みの場合は1袋を200〜300mlのお湯で溶かしてください。

ベジタブルブイヨン 88g(キューブ11g×8個)
アリサン
お料理のお助け役!!
在庫:ご注文いただけます(取寄せの場合には入荷までに7日以上かかる場合もございます)
価格 508円 (税込)
カートに入れる
化学調味料を使用せず、植物性の原材料だけを使用。
キューブ一個で約500mlのスープができます。

また、野菜炒め、ホワイトソース、チャーハン等、幅広くお料理の味付けに使えます。

油脂が溶けやすいので夏期冷蔵便扱いとなります。

<アリサンについて>



アリサンは秩父連峰を望む自然環境豊かな高麗の地に、アリサンオーガニックセンターはあります。
「アリサンの由来」
社名のアリサンは、社長のパートナーの故郷である台湾の山「阿里山」から来ています。
阿里山は標高が高く、厳しい自然環境にあるのですが、大変美しいところです。
また、そこに住む人々は歴史や自然への造詣が深く、皆が助け合って暮らしています。
そんな阿里山のような場所を作りたいという想いから名付けられました。

「アリサン商品へのこだわり」
アリサンでは設立当初より、下記の様な「こだわり」を持って商品を取り扱ってきました。
@日本国内で製品が不可能、もしくは困難なもの

A地域環境及び生産者の健康を害さない方法で製造されたもの。

B家族経営農家や小規模生産者をサポートし、さらに顔が見える関係を築けているもの

C生産者の経済を圧迫しないフェアトレード商品であるもの

D消費者が安心して食べられるベジタリアン食で、オーガニックもしくは無添加のもの、珍しいエスニック食材など



HIKARI チキンコンソメ(液体) 80g
光食品
健康安全若鶏の新鮮ガラ使用。
在庫:ご注文いただけます(取寄せの場合には入荷までに7日以上かかる場合もございます)
価格 540円 (税込)
カートに入れる
飼育方法にこだわった国産若鶏から取れたとりがらスープに国産有機野菜と有機醤油をあわせ、添加物を必要とする顆粒タイプではなく液体タイプにしたこだわりチキンコンソメです。

安全な原材料にこだわってつくった、お料理にも使用しやすい液体タイプのコンソメ。

ワクチン以外の抗生物質や抗菌剤を使用せず、植物性で全て遺伝子組み換え不使用、ポストハーベストフリーコーンの飼料で育てた健康で安全な若鶏の新鮮なガラを使用したとりがらスープを使用しています。

スープやポトフ、ロールキャベツ、カレー、ミートソース、シチュー等の洋風料理のベースにお使いください。150〜200mlの水に1袋が目安ですが、お料理やお好みに合わせてお湯の量を調節してください。

簡単にスープでお飲みいただく場合(1人分)
1袋を150ml〜200mlのお湯で溶かし、クルトンやパセリを浮かべたたり、溶き卵やワカメ、ネギ等お好みの具材を入れてお飲みください。またお好みで胡椒等をおかけください。

<光食品 「もっと安全でおいしいソースを」変わらぬ思いで30年。>




「原料を有機の野菜果物に変えれば、もっと安全でおいしいソースをつくれるのでは」と思い立った1975年当時は、いまでは想像もできないほど、有機野菜に対して世間の目は冷たく、厳しいものでした。
2年がかりでやっと出会えた生産農家は、わたしにとって神様のようにみえました。その野菜果物でソースをつくると本当においしいソースができたのです。このとき2年間の苦労が報われたと思いました。

その後も生産農家との顔の見える関係を大切に、規格外の有機野菜果物や豊作のために余った野菜を何とかして利用したいと、ソース以外の色々な商品を開発してきました。

また、太陽光発電や、工場排水をろ過し川の水よりもきれいにして排水するなどの対策を行い、環境に配慮した工場づくりを心掛けています。自社で栽培したものや契約農家から直接仕入れた国内産のオーガニック原料を使用。

2006年からは自社農園を有機JAS農場として原料を生産するなど、妥協せず、手間を惜しまず、手づくりの良さを残した製品作りを行っています。


(写真は自社農園でつくったみずみずしいトマト)