NEO Woods/広葉樹の森 子どもイス・赤 *B *G
商品コード :2204090012167
あかちゃんが生まれたら椅子を一脚贈りませんか
価格 21,600円(税込)
メーカー オークヴィレッジ
サイズ 幅36×奥行31×高さ46cm
原材料 素材:国産ぶな、国産さわくるみ(着色は天然オイル)
在庫 ご注文いただけます(お届けは2017年2月上旬となります)
送料区分 通常便B(大) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
お詫び:木材の調達と製作が追いつかず、商品のお届けが2017年2月上旬となります。2016/12/21

オークヴィレッジ(Oak Village)
「山から木を1本持ち帰ったら、山に木を1本返す」と、未来に森林資源を残そうという活動を40年続けてきた、飛騨高山にある木工房、オークヴィレッジ。日本の広葉樹を使うなかで、良質なのに企画外とされてきた材料を活かし、地場型のモノづくりを広めて日本の木の文化を継承していこうと、広葉樹活用プロジェクト『NeoWoods』(岐阜・根尾[ねお]地区)をはじめました。

根尾で育った広葉樹「さわくるみ」と「ぶな」を使って、「椅子を贈ることは森を贈ること」という思いを込めた、子ども椅子をつくりました。小さな椅子が、どこで育ち、どこで大きくなったかに思いをはせながら、「おおきくなったら森にあそびに行こう!」と、お子さまの成長を見守る、小さな椅子からはじまる大きな森の物語。

 



広葉樹を活用する、適材適所の考えかた
椅子の本体フレームには「ぶな」を、座面には「さわくるみ」を使用しています。
「ぶな」は根尾の森に多く自生する樹木です。「さわくるみ」はさらに多く生えていますが、これまでほとんど木工に利用されてきませんでした。「さわくるみ」は「桐」に似て、多孔質で柔らかな木質を持ち、手触りが優しいのが特徴。また保温性に優れているため、身体が直に接する部分に向いています。
『適材を適所に使い分けると、機能性が増す』。この点がこの椅子のなによりの個性となるよう考え設計されています。



デザイン性と耐久性を両立
脚と幕板(横方向の部材)の接合部分は「二枚ほぞ」という木組みの方法が使われています。この部分には座ったときにかなりの重量がかかるため、椅子の強度においてとても重要なのです。その部分の「ほぞ」(二つ以上の材を組み合わせるための方法)を通常は一枚のところを二枚にした「二枚ほぞ」という構造が使われています。一枚に比べて二枚になると接着面積が約2倍になり、ねじれるような力に対しても抗力が出る、非常に丈夫なつくりです。

きれいな発色の塗装も、もちろん安心なものを使用
さわくるみの座面に、自然由来の天然オイルで着色塗装し、その 上にさらに同じ天然のクリアオイル を重ね塗りし頑丈にしています。通常のオイル塗装より色落ちしにくい対応をし、繰り返しテストも行いました。






根尾の森から切り出された広葉樹が製品となるまでの物語をご覧いただけます。







まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。