日焼け止め選び方ガイド

無題ドキュメント 無題ドキュメント

紫外線対策は一年をとおして必須ですが、日差しが強くなる春から夏にかけては特に万全の対策をしておきたいところです。そして曇りや雨の日も油断できません。
クレヨンハウスで販売している日焼け止めは、お子さんからおとなの方まで、安心してお使いいただけるオーガニック認証にこだわったものなので、どれも自信を持っておススメできるものばかりです。
「どんな場面」で「誰が使う」のか、目的別にお選びいただけるようにご紹介します。

>売れすじの「日焼け止め」ベスト15はこちら


日焼け止めにはSPF値とPA分類の表示がされています。それぞれ紫外線を防ぐ効果の指標で、SPFはUVB(肌表面に影響する)を、PAはUVA(肌の奥まで入り込む)を防ぐ効果を表しています。
4月頃から増え始め、5〜8月がピーク。日焼けで皮膚が赤くなったりヒリヒリした炎症を起こし、多量のメラニン生成を促して、シミやソバカス、乾燥の原因に。
一年をとおして要注意!特に4〜8月がピーク。熱やほてりは感じないが、肌の奥まで入り込んでダメージを与える。すぐに皮膚を黒く変色させる作用があり、シワやたるみなどをまねく。


外出する時間や場所などによって、使い分けたいSPFとPA
日常生活 SPF10 PA+
野外スポーツ SPF20〜30 PA++
炎天下でのスポーツ SPF30〜50+ PA+++
※約20分間肌を守ることのできる数値を「SPF1」としています(SPF30=約10時間の効果)

SPFとPAそれぞれの違いを知って、生活シーンに合わせて適切に選ぶのがおすすめです。



以前は真っ黒に日焼けした子どもは、元気の象徴のようにも言われていました。子どもの肌は大人に比べて細胞分裂が活発なので、日焼けしてもすぐに修復できるのでは?と思われる方もいるようです。
しかし子どもこそ、紫外線対策をしっかり行ったほうが良いのは今や常識になってきました。 日焼けは「やけど」です。同じ紫外線の量でも、子どもの時に浴びれば浴びるほど、紫外線の悪い影響を肌に大きく受けやすいとも言われています。
いちばん肌がデリケートな子どもを基準に日焼け止めを選べば、結果的に家族全員が安心して使えます。

あかちゃんにも安心な日焼け止めはこちらから




メイク下地はファンデーションをきれいに仕上げるために使いますが、最近のメイク下地には日焼け止め効果のある 商品が多くなってきました。乳液状のサラサラしたものや、粘性があって肌にピタッとつくものまで。お好みの使用感のものを選んで、メイク直しの時間を短縮して気持ちよくきれいに過ごしましょう。

メイクにおすすめの日焼け止めはこちらから




朝からほぼ一日中つけていることの多い日焼け止め。長い時間肌につけているものだからこそ、肌に負担をかけないのはもちろんのこと、スキンケア効果も期待したいところです。 日焼け止めは紫外線を防止しながら、美白、保湿、エイジングケアと、どのメーカーも多機能に進化させています。

スキンケア効果も期待できる日焼け止めはこちらから




屋外での活動時間の長いアウトドアレジャーでは、肌表面に影響するUVBを防ぐ効果(SPF値)の高いものを選びましょう。UVBは、4月頃から増え始め、5〜8月がピーク。日焼けで皮膚が赤くなったりヒリヒリした炎症を起こし、多量のメラニン生成を促して、シミやソバカス、乾燥の原因に。

アウトドアで活躍する日焼け止めはこちらから



日焼け止め、使う時の注意点
こまめにぬり直す 数値が高くてもぬり直さないと汗でながれてしまい、ぬっていないのと同じ状態になってしまうことも。
適量をぬる 行動シーンにあった数値を選んでも、適量をぬらなければ本来の効果は得られません。
期限を守って使う 説明書に記載されている「開封後は●ヶ月以内にご使用ください」という期限を守りましょう。期限が過ぎたものは雑菌が繁殖したり、日焼け止め効果などの品質自体が劣化している場合があります。3ヶ月以内に使い切るのが理想です。




紫外線を浴びないことが、紫外線のダメージから肌を守るには効果的ですが・・・日常生活でまったく浴びずに過ごすのは不可能です。そこでできる限り直接、紫外線を浴びないように、外出の際には帽子やアームカバーなどの日よけグッズを身につけて、素肌を露出しないように心がけましょう。

日よけグッズはこちらから

売れすじの「日焼け止め」ベスト15はこちら