野出正和さんのおもちゃ

「おもちゃにあそばれないで、あそびを自由に考えられるおもちゃを」という思いから生み出された
野出正和さんのつくるおもちゃは、シンプルでありながら、何通りにもあそべるおもしろさが魅力!




野出正和さん

トイ・クリエーター。1995年「無垢工房」を設立、数々のおもちゃを発表。おもちゃ製作の傍ら、ワークショップや講演などでも活躍。 エッセイに『ちいさなことで調子にのろう!』(クレヨンハウス)、共著に『貯金箱をつくろう』や『みんなでつくろう大型クラフト』シリーズ(ともに大月書店)など。


長くあそべる万能おもちゃ<ならべっこ


手にすいつくような動きの<クルリン
2つ、3つと、同時に動かす上級技も!



「おもちゃはシンプルなほど、想像するよろこびが生まれる」と野出正和さん。 代表作の<忍者>は、そのユーモラスな形から、いくつもの物語まで生まれてきます。


「分身の術!」の掛け声で、12人の忍者が出現!


忍者釣りで、何人釣れる?

人気の<ならべっこ>にも、こんなあそび方が……。
「あかちゃんのときはには、ふって音をたのしんだり、手のひらやからだの上で転がして、玉がずれる感じをたのしんだり。おかあさんと子どもが1個ずつもって、同じパターンをつくるゲームもできるし、ほかにも『へえーっ』っていうようなあそび方をしているひとがいて、こっちが驚かされるんだ」と教えてくれました。

子ども時代は、ブロックや積み木に囲まれていたそう。
「父は“おもちゃにあそばれるようなおもちゃ”は一切買ってくれなかったけれど、“自分で工夫してあそぶおもちゃ”は、お金に糸目をつけることなく与えてくれました」
「ちいさい頃にどんなおもちゃであそぶかによって、その子の人生は変わると思う。あそび方が限定されないおもちゃであそんだ子どもは、想像するよろこびを知っているし、そんな子どもほど、何もない自然のものでいくらでもあそべる。大人になってからも、クリエイティブに生きていけるし、そのほうがたのしいんじゃないかな」

お子さんの誕生を機に、おもちゃづくりを生涯の仕事に。
「働くおとうさんが輝いていることが、子どもの成長にとっては、大きな意味がある!」との思いから。
「木という素材では、シンプルなものしかつくれない。もしかしたら、大量生産のおもちゃに比べて、<未完成といえるかもしれない。でも、完成していないからこそ、魅力がある。木のおもちゃはできあがるまでに長い時間がかかる。木を植え、育て、乾燥させ、それを素材におもちゃがデザインされ、お店に並び、ようやく子どもたちの手に届く。それでも、おもちゃの完成はまだまだ。おもちゃは、子どもたちがあそんで、はじめて完成するんです」

『おもちゃtown』2号/2005年・3号/2009年・4号/2011年より、まとめ

モノクロガラガラセット
にぎりやすく、かじりやすい。ちいさな手に、無垢の白木の感触を
価格 2,916円(税込)
カラコロ自動車 白木
日本製。シンプルな造りが人気です。
価格 2,592円(税込)
カラコロ自動車 カラー
日本製。シンプルな造りが人気です。
価格 3,024円(税込)
ツインカスタネット
2通りに使える、 大小2つのカスタネット
価格 3,024円(税込)
ならべっこ
指先をつかって玉を動かします。成長にあわせて長くあそべるおもちゃです。
価格 2,376円(税込)
忍者積み木(12個セット)
野出正和さん創作の、あそびごころ満載の積み木
価格 4,104円(税込)
忍者積み木(112個セット)木箱入り
野出正和さんの人型積み木。並べて積んで、組んで!
価格 32,400円(税込)
忍者積み木(36個セット)
野出正和さんの人型積み木。並べて積んで、組んで!
価格 10,260円(税込)