酵母のチカラ!発酵生活



味噌などの発酵食品を作り出すために欠かせない酵母。
味噌、納豆、醤油、漬物などの発酵食品は、日本では昔からよく食べられてきたものばかりです。 これら発酵食品が健康に良いことが、今改めて見直されています。
クレヨンハウスはこの秋、発酵食品をもっと積極的に取り入れる酵母生活をおすすめします。効果を知って毎日続けると、さらにからだの変化を実感できると思います。


発酵生活のメリット

酵母とは食べ物を分解する「菌」つまり生き物です。この菌が身体の中で働くと消化吸収を助け、腸内環境を良好にしてくれます。 酵母がからだに入ると、腸管に常在する微生物の集まりのバランスを整え、働きを促進するので、お通じがよくなるといわれています。 また体内に取り込まれた酵母はブドウ糖とアミノ酸などを食べて育つので、余分な糖分や脂質等を分解してくれる役割があります。


発酵食品とは、酵母や麹、カビや納豆菌などいろいろな微生物によって分解され、新たに体にとって良い成分が作り出されます。 味や匂いを変化させるだけでなく、食材が持つ「体に良い成分」をより増強することにも役立っています。 体に良いとされる納豆やヨーグルトを作り出す、納豆菌や乳酸菌といった微生物は、発酵を進めていくなかでアミノ酸やクエン酸、ビタミン類などの成分を増やす働きを担っているのです。 昔から漬け物や味噌などの発酵食品が「体に良い」と言われているのはそのためです。


多くの発酵食品は、長期間保存できるという特徴を持っていて、もともと「保存食」として生み出されたものも多くあります。 発酵食品に含まれる善玉菌は、食材を腐敗させる原因となる悪玉菌の働きを封じ込める役割や、発酵によって生まれた成分そのものが殺菌作用を持つ場合もあるため、保存性が高くなるのです。 つい食材を無駄にしてしまうという方にも、常備して最後までおいしく食べられる発酵食品はおすすめです。


食品が発酵すると、味もニオイも変化し、独特の旨みが生まれます。ただし時間をかけてゆっくり「発酵」させて作るはずの発酵食品も、現代では「速醸法」といって、人工的に温度調整したり、添加物を入れたりして、数週間で作られてしまうものも多く出回っています。 クレヨンハウスにある商品は、添加物は使わず昔ながらの安全な製法で作られた商品です。酵母が生きている本物の味をお召し上がりください。


<風邪・花粉対策>「発酵食品」を、毎日の食卓に


発酵食品の力が注目されています。
常食することで、花粉症や風邪対策ほか、さまざまな病気の予防効果も。
毎日の食卓に、安全な有機の発酵食品をたくさん取り入れましょう。

もっと見る

味噌・ぬか漬けの本


もっと見る

麹・酒粕・発酵食のレシピ本


麹・酒粕・乳酸菌など、風邪予防や花粉症対策にもなる発酵食品を、毎日の食事やおやつに取り入れられるレシピ本を集めました。

もっと見る

天然酵母パンの本


もっと見る