小黒三郎さんの組み木の季節人形2

小黒三郎さん

かざって、ながめるだけではなく、子どもが手にしてあそべてこそ、子どものための人形。
子どもが手にとって語りかけ、自由にかざれて、しまうことまで、あそびになるのです。





小黒三郎さん
大学で油絵を学び、中学校での美術教師ののち、
盲学校・養護学校に勤務、おもちゃ製作をはじめる。
1983年にアトリエ「遊プラン」を設立。
製作のかたわら、個展や技術指導も行っている。
著書に『小黒三郎の組み木』(大月書店)ほか。





1枚の木板を、糸のこで切り出していきます。
やわらかで、美しいラインの組み木の人形は、
小黒さんの手技から生みだされた芸術品です。


収納時には、パズルのようにあそべるたのしさも。
やってみると、意外にむずかしいですよ。

「3月3日、5月5日はおとなのおまつりじゃありません。主人公は子どもたち。その子どもがさわりたいけれどさわれない、あそびたいけれどあそべない、というのはおかしい。目の前にかざってあるだけなんて、満足できないですよね。季節人形は一般的にはとても高価で、“さわってはいけないもの”ですが、ぼくは“堂々とさわってあそんでいいんだよ” という人形をつくりたかったんです」

じつは子ども時代、ひな人形でよくあそんでいたそう。
「姉が三人いましたので、おひなさまの段飾りがあった。ひとりでこっそりと、ひな人形であそんだことをおぼえています。元にもどすとき人形を反対に並べてしまったりして、怒られたこともありました(笑)」


インタビュー全文をよむ