絵本に「対象年齢」はありません!
でも、子どもの年齢や成長に寄り添って選んであげたいときもありますよね。
そこでクレヨンハウス「ブッククラブ」で長年選書してきた絵本を、年齢の目安でご紹介します。
それぞれの絵本の会員様の熱いレビューも参考にしてください。

0歳からの絵本

音で、色で、感触で、すべてはじめての経験をしていきます。絵本を読んで愛情を伝えたいですね。「たいせつに読んでもらっている」雰囲気や声から、絵本の世界を感じとっています。

1歳からの絵本

動きが大胆になり、食べるものも多様になって、あらゆるものへの興味が広がります。絵の中に何かを探したり、名前を知りたがったり。絵本を通じたコミュニケーションをたのしんで。

2歳からの絵本

興味のあるものにまっしぐら、まるでちいさな博士のよう。そんな好奇心を満たしてあげたいですね。くり返しの展開だけでなく、起伏のあるお話をたのしめるようになる頃でもあります。

3歳からの絵本

自分やかぞく、とりまく世界へ意識が向きはじめる頃。たべること、あるくこと、ねること、なかまがいること。絵本を通して、子ども自身の世界がより広がるといいですね。

4歳からの絵本

かぞくや友だちとの暮らしのなかで社会性が育まれていきます。絵本の世界に自分のまわりの世界を重ねて夢中になることも。たくさんの物語に出合わせてあげたいですね。

5歳からの絵本

絵や文字に込められたメッセージを読み取ったり、物語を発展させてあそびに取り入れたり。その深いたのしみ方に驚かされます。じっくり読みごたえのある絵本を手渡したい。

6歳からの絵本

ひとりで読めた!こんなにたくさん読めた!その喜びが、本好きを育てます。もちろん、ときには読んでもらいたい、一緒に本の世界をたのしみたいときも……。

>絵本の読み方Q&A

クレヨンハウス絵本セレクションについて

●ロングセラーの絵本と、ロングセラーに育つだろう新刊絵本
子どもたちに長く読み継がれているロングセラー絵本、また新刊から「ロングセラーに育つだろう絵本」を選んでいます。
●親が読ませたいものより、子どもが読みたいものを
文字をおぼえさせたい、といったおとなの狭小な教育観より、子どもにとって「おもしろい絵本」を優先して選んでいます。
●絵本には、対象年齢も年齢制限もありません
「何歳から」とあるのは、あくまで目安です。出会いが早すぎることも、遅すぎることもありません。ひとりずつ本の愛し方が違うのも、子どもと絵本の正しい関係です。