どの絵本にも対象年齢はなく、また年齢制限もない。その自由さが、絵本のすごいところです。
でも、子どもの年齢や成長に寄り添って選んであげたいときもありますよね。
実際に、子どもの本売り場でも多くが「○歳の子どもには、どんな絵本が……」というおたずねです。
1976年から40年、たくさんの読者の方々からの反響を受けての年齢別セレクションです。

1歳からの絵本

動きが大胆になり、食べるものも多様になって、あらゆるものへの興味が広がります。絵の中に何かを探したり、名前を知りたがったり。絵本を通じたコミュニケーションをたのしんで。


2歳からの絵本

興味のあるものにまっしぐら、まるでちいさな博士のよう。そんな好奇心を満たしてあげたいですね。くり返しの展開だけでなく、起伏のあるお話をたのしめるようになる頃でもあります。


3歳からの絵本

自分やかぞく、とりまく世界へ意識が向きはじめる頃。たべること、あるくこと、ねること、なかまがいること。絵本を通して、子ども自身の世界がより広がるといいですね。

4歳からの絵本

かぞくや友だちとの暮らしのなかで社会性が育まれていきます。絵本の世界に自分のまわりの世界を重ねて夢中になることも。たくさんの物語に出合わせてあげたいですね。


5歳からの絵本

絵や文字に込められたメッセージを読み取ったり、物語を発展させてあそびに取り入れたり。その深いたのしみ方に驚かされ、成長を感じます


6歳からの絵本

ひとりで読めた!こんなにたくさん読めた!その喜びが、本好きを育てます。もちろん、ときには読んでもらいたい、一緒に本の世界をたのしみたいときも……。


シンプルな木のおもちゃは、その子の年齢に合わせて長くあそべるのが特長です。でも、誕生日に何を選べばいい?クレヨンハウス店頭でもいちばん多い質問です。
年齢はあくまでも目安です。大事なことは「じっくりたのしんでいるか」。子どもの様子をよく見てください。 成長をいそぐあまり、かけ離れた年齢のおもちゃを渡したり、「知育」を急ぎすぎるのは考えものです。


1歳からのおもちゃ

立った!歩いた!あかちゃんの世界が広がっていく。出したり、入れたり、つまんだり、たたいたりをあきずに何度も。おとなにはいたずらにしか見えないことも、立派なあそび。


2歳からのおもちゃ

自我が芽生え、なんでも「自分で」の時期に。自分の手で動かしてあそべるのりものや、まねっこからはじまるままごとあそび、人形やパペットとのおしゃべりも。


3歳からのおもちゃ

指先が器用になって、集中力も育つ頃。ビーズやひも通し、はさみを使ったあそびを。色や形を並べたり集めたりするモザイクや、絵を描いたり、粘土で造形するおもしろさも。


4歳からのおもちゃ

まわりの人間関係もわかってくる頃。ドールハウスでいろんな役を演じたり、みんなでゲームをたのしんだり。自分で考え、あそびを発展させる力も。


5歳からのおもちゃ

イメージをふくらませ、意志をもって取り組むようになる頃。手仕事や造形活動は、ものごとを見通す力、やりとげる力、美しいものへの感性を育てます。


6歳からのおもちゃ

あそびを通して相手の気持ちを理解することを自然と覚えていきます。みんなであそべるゲームやひとりの世界に没頭できる手仕事など、個性に合わせたおもちゃを。


●じっくりと、おもちゃを選びたい方に。見やすい紙カタログができました!




●ハーフバースデー・生後6か月のお祝いはこちら●

ラッピングは無料/クレヨンハウスオリジナル包装紙でお届けします


オリジナル包装紙は駒形克己さんデザイン。
クレヨンハウスのギフト・ラッピングは「クーヨン」がモチーフです。
創業からのポリシー「あかちゃんの視点から、文化を考える」という思いを、「クーヨン」に込めました。
「あかちゃん時代からオーガニック!」を伝えるしるしです。贈り手の高い見識まで一緒にお包みします。
ご希望の場合は備考欄へご記入ください。

●ラッピングについてをご覧ください



ページの一番上に戻る