[クレヨンハウス通信]絵本特集vol.451/2018年8月号

無題ドキュメント
[クレヨンハウス通信] 
お店情報をまるごとお届けする月刊ニュースです。
毎月1日発行/A4版/カラー/16ページ
年間購読をお申し込みの方には、毎月郵送いたします。
[クレヨンハウス通信]の内容&年間購読のお申し込み

絵本特集:ありがとう、かこさとしさん!

2018年5月2日、絵本作家のかこさとし(加古里子)さんが92歳で亡くなられました。絵本のたのしさはもちろんのこと、 子どものあそびや文化、科学の不思議など、さまざまなたのしさを、絵本の形からわかりやすく伝えてくださいました。 いま一度、かこさんのつくってこられた作品を読み直し、かこさんが伝えたかったことをこころに刻みませんか?

   
特集記事(クレヨンハウス通信vol.443掲載)を、拡大画像で見る@ A

>>かこさとしさん追悼ページはこちら

だるまちゃんとかみなりちゃん
だるまちゃん、かみなりちゃんに連れられ、かみなりの国へ
在庫:ご注文いただけます
価格 972円 (税込)
カートに入れる
だるまちゃんは、今度はかみなりちゃんと親しくなり、かみなりの国に案内されます。 おなじみのタッチで細かく描かれたかみなりの国のようすが、なんともたのしいです。

雨の日に、かみなりの音とともに、空からちいさなかみなりちゃんが落ちてきた!?
そこへ現れたのがかみなりどん。だるまちゃんも雲にのせて、空にあるかみなりたちの世界へ。あそびごころいっぱいの作品の中に、かみなりちゃんを遠い異国の未来の姿に託そうとしたというかこさん。たのしい絵からいろんな発見も!
とこちゃんはどこ
親子で一緒に探してみて
在庫:ご注文いただけます
価格 972円 (税込)
カートに入れる
すぐにどこかへ行ってしまう、とこちゃん。
市場でおかあさんが目を離したすきに、とことこ駆け出すと……。
とこちゃんはどこ? 目印は赤い帽子。ヒントは、とこちゃんの好きなもの。
動物園、海水浴場、お祭りにデパート。絵の中に、とこちゃんを見つけて!
子どもたちの大好きな絵さがしの絵本です。
どうぐ
暮らしに欠かせない
在庫:ご注文いただけます
価格 1,296円 (税込)
カートに入れる
「道具」と聞くと何を思い浮かべますか? この本では、歯をみがく道具、つまり歯ブラシにはじまり、食事やあそぶときに使うものなど、身近な道具を次々と紹介。人間が工夫を重ねて道具をつくり、暮らしを豊かにしてきたことをわかりやすく描きます。自動車一台をつくるための部品を描きつくしたページは圧巻です!

1976年福音館書店刊の再刊
からすのパンやさん
おいしい秘密は、よつごちゃん?
在庫:ご注文いただけます
価格 1,080円 (税込)
カートに入れる


|1973年初版刊行|

80種類以上のおもしろパン、食べたーい
やかんパン、きのこパン、たこパン、かたつむりパン、とんかちパン……「かみなりパン」「だるまパン」「てんぐパン」もあります! 数えてみると80種類以上。どれもこれも、ユニークでおいしそう。

パンづくり&お店屋さんごっこ
からすのパン屋さんのまねをして、粉をまるめて好きな形をつくり、パンづくりに挑戦。そうして焼き上がったパンで、お店屋さんごっこも。いろいろなあそびが広がる絵本です。

一羽一羽のからすにもご注目
魅力的なのは、パンだけではありません。ものすごい数のからすたちが登場しますが、その一羽一羽が個性的で表情ゆたかなんです。じっくりながめると、たのしい発見がいっぱい。
からすのパン屋さんには、4羽の子どもがいます。オモチちゃん、レモンちゃん、リンゴちゃん、チョコちゃん、みんなお店のお手伝いをよくします。子どもたちのアイデアで、「おやつパン」をつくるようになってから、お店は大繁盛! かこさとしさんのユーモアあふれる、リズミカルなことばもたのしんで。
宇宙 そのひろがりをしろう
総合的に整理し、こまかく描きこんだ絵本図鑑。
在庫:ご注文いただけます
価格 1,620円 (税込)
カートに入れる
星空が広がる絵を想像してページを開くと、最初はノミの話から。ノミは自分のからだの100倍も高く飛ぶのです。もし人間がそんなに高く飛ぶとしたら……? 身近な昆虫や動物の身体能力の話から徐々にそのスケールを広げ、丁寧に話を発展させていく方法で、宇宙の不思議へと子どもを導きます。
かこさとし からだの本 全10巻
人間の体のしくみを通して、生命の尊さを語りかけるロングセラーシリーズ
在庫:ご注文いただけます
価格 14,040円 (税込)
カートに入れる
知っているようでなかなか知らないじぶんのからだ。一巻ごとに体の部分のしくみをわかりやすく紹介し、それを通して生命の尊さまで語りかける、かこさとしの化学観が見事に結実したロングセラーシリーズ。全10巻。

●『あなたのおへそ』
ニワトリにはないのに、なぜ人間にはおへそがあるのか? 人間と他の生物とのちがいを説く。

●『たべもののたび』
黄色い栄養のカバンを持って旅に出た食べ物たちが、ももいろのトンネルをとおって、いぶくろこうえんを通り、しょうちょうのジェットコースターに乗ってすすみます。
たべものが口から入って身体の中で消化され、栄養となって、排泄されるまでのプロセスを、「たべもののたび」として、わかりやすく楽しく描いたロングセラー絵本。絵本を通じて、正しい知識と、食べることの大切さを子どもたちに伝えます。

●『むしばミュータンスのぼうけん』
ムシ歯菌ミュータンスが、子どもたちにムシ歯をすすめる形式で、ムシ歯のこわさをおもしろく説く。

●『あかしろあおいち』
血の性質、赤血球、白血球、動脈、静脈のこと、血と食物、運動との関係などをやさしく説く。

●『はしれますかとべますか』
正しい歩き方から、走り方、とび方まで、人間の運動の基本原理をたのしく描きながら説く。

●『てとてとゆびと』
手や指は、どうしてうごくのか? その大切な機能を、また手や指と脳神経との関係などを説く。

●『あがりめさがりめだいじなめ』
目のしくみは、どうなっているのか? 近視や老眼にはなぜなるのか? 目の大切さを説く。

●『ほねはおれますくだけます』
骨と食物との関係。人間の骨の形やしくみを描き、正しい姿勢がいかに大事かを説く。

●『すってはいてよいくうき』
肺の機能を教え、よい空気が健康な肺にとって大切なこと、タバコの害や公害についても説く。

●『わたしののうとあなたのこころ』
人間にとって、もっとも大切な脳の役割としくみ。正しい環境が美しい情緒を育てることを説く。
かこさとし からだの本2 たべもののたび
在庫:ご注文いただけます
価格 1,404円 (税込)
カートに入れる
黄色い栄養のカバンを持って旅に出た食べ物たちが、ももいろのトンネルをとおって、いぶくろこうえんを通り、しょうちょうのジェットコースターに乗ってすすみます。

たべものが口から入って身体の中で消化され、栄養となって、排泄されるまでのプロセスを、「たべもののたび」として、わかりやすく楽しく描いたロングセラー絵本。絵本を通じて、正しい知識と、食べることの大切さを子どもたちに伝えます。
ピラミッド その歴史と科学
ピラミッド、なぜ、どうやってつくったの?
在庫:ご注文いただけます
価格 2,160円 (税込)
カートに入れる
宝ものの山とともに、王様を埋葬したピラミッド。なぜ、あれほど大きなものをつくろうとし、当時の技術で成し遂げられたのか。かこさとしさんが、ミステリーとしてではなく、史実に基づき、丁寧に解説してくれる。水平や直角の測り方、重い石の運び方……などほど、こんなふうにできるのか!
ピラミッド3千年の歴史と科学を雄大なスケールで解き明かし、生きた歴史として古代エジプトの芸術・宗教を伝える、かがく絵本。
うつくしい絵
かこさんがガイドする、絵画の見方入門
在庫:ご注文いただけます
価格 1,512円 (税込)
カートに入れる
古今東西の名画を紹介し、作家の人間像と名画の深いからみあいをさぐります。「絵の見方、描く心」をやさしく説いた美術入門書。

美しい絵とは、どんな絵?なぜ、ひとは美しいと感じるのでしょう? 画家の人間像や、描かれた社会背景を通して絵に込められた画家のこころまで深く読み取りながら、ゴッホ、北斎、ピカソなどの名画を紹介。「うつくしい絵をかんじとれるひとになってほしい」というかこさんの願いがつまった一冊。美術館に足を運びたくなりますよ。
だるまちゃんと楽しむ 日本の子どものあそび読本
日本の子どもたちのあいだで愛されてきたあそびを集めました
在庫:ご注文いただけます
価格 1,512円 (税込)
カートに入れる
1967年に出版された『日本伝承のあそび読本』より選りすぐったあそびと、今の子どもたちこそ楽しめるあそびを、加古里子さんのオールカラーで描きおろしです。

「身近なものでこんなにたのしいあそびができるんだ!」と新しい発見をする子どもたち、「なつかしい!」と感じるおとなたち。この一冊には1967年に出版された『日本伝承のあそび読本』から選びぬかれたあそび109種がおさめられています。かこさんが伝えたかった伝承あそびを、人気者のキャラクター、だるまちゃんたちとともにお届けします。
未来のだるまちゃんへ【文庫】
在庫:ご注文いただけます
価格 713円 (税込)
カートに入れる
『だるまちゃんとてんぐちゃん』などの人気絵本作家が、自身の人生について初めて語った自叙伝。
19歳で敗戦を迎え、態度を変えた大人に失望したかこさとしさんは、「子どもたちのために役に立ちたい」と、セツルメント活動に励むようになる。そこでは、絵本創作の原点となる子どもたちとの出会いがあった――。
サラリーマンとの二足のわらじ生活、自身の子育て、震災と原発事故を経て思うことなど、秘話が盛りだくさん! 絵本に込めた願い、尊敬してやまない子どもたち、「生きる」とはどういうことか……柔らかい口調そのままの文体で読みやすく、深い含蓄のある言葉に励まされる内容です。 迷い道の人生、絵本創作の原点……90歳の絵本作家が全ての親子へ贈る、希望の未来のメッセージです。