[クレヨンハウス通信]絵本特集vol.452/2018年9月号

無題ドキュメント
[クレヨンハウス通信] 
お店情報をまるごとお届けする月刊ニュースです。
毎月1日発行/A4版/カラー/16ページ
年間購読をお申し込みの方には、毎月郵送いたします。
[クレヨンハウス通信]の内容&年間購読のお申し込み

絵本特集:写真が物語るストーリー

写真が写しだす自然の風景やひとや生きものの表情は、絵とはちがう味わいがあります。何気なく暮らしているわたしたちのまわりが、俄然物語がかくれているように見えてきます。そんな気持ちにもさせてもらえる写真絵本。秋風を感じながら、写真が写しだす世界にひたってみませんか?

 

特集記事(クレヨンハウス通信vol.452掲載)を、拡大画像で見る

さとやまさん
ひとの暮らしと山あいの風景と
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,620円 (税込)
カートに入れる
「里山」それはどこかなつかしく、こころのどこかにある風景。春夏秋冬の季節のめぐりと草花や生きものたち、ひとびとの暮らし、写しだされる空や雲の表情。詩人の工藤直子さんが親しみを込めて「さとやまさん」と呼びかけます。五感で感じることばと美しい写真に誘われて「さとやまさん」に会いに行きたくなりますよ。
さがしています
ヒロシマを知る「声」が静かに、でも強く胸に迫る
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,404円 (税込)
カートに入れる

〜ヒロシマを知っているものたちが、さがしています
たいせつな人びとを、未来につづく道を。〜
初めて広島を訪れ、平和記念資料館で被爆者の話をきき、そこで「ピカドン」に出会った作者は、「ピカドン」からどれほど多くのことを教わったか、とあとがきに記している。
「原子爆弾」も「核兵器」も、核開発をすすめた人たちがつくった呼び名。
それに対して、「ピカドン」は生活者が生み出した言葉だ、と書く。
平和記念資料館の所蔵品から14点を選び、「もの」たちの声を作者が通訳したつくりの絵本。
写真の表情にもうたれて、声がない。
こやたちのひとりごと
小屋たちのつぶやきに耳をすまして……
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,620円 (税込)
カートに入れる
田んぼや畑、海岸のそばにぽつんとたたずむ小屋。トタン板や廃材が切り貼りされていたり、いろんなペンキで塗装されていたり。雨風にさらされちょっぴり年季を感じるけど、どの小屋も味わいがあります。その姿をよ〜く見ていると、何か言いたそうな……。そんな小屋たちのつぶやきを、詩人・谷川俊太郎さんが、ことばにした一冊。
おきたらごはん
動物たちの至福の時間
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,188円 (税込)
カートに入れる
ねる、おきる、たべる。動物たちはそれぞれ食べるものが異なり、寝ている間の成長もちがいます。
でも、おいしそうにごはんを食べることと、すこやかな顔で眠りにつく表情はみんな幸せそう。
そんな動物たちの「同じ」と「ちがい」をたのしめる写真絵本。
カバからハイエナまで、岩合さんの写真を通すと、動物たちがより愛らしく映ります。
ガオ
迫力ある木の実にご注目!
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 864円 (税込)
カートに入れる
木の実など自然素材を使ったアートを展開している田島征三さんが取り組んだ、はじめての木の実の絵本。元気にほえたくなった山犬が、力いっぱい「ガオ」とほえると、「元気」がからだから飛び出して、からだは6ぴきのへびに変身し、「元気」はおそろしい鳥に。すると、この鳥がへびを食べはじめ……。木の実が勢いのあるストーリーを生み出します。
実りの秋のごちそうバトル
すぐそばで暮らす動物たち
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 2,592円 (税込)
カートに入れる
野生動物と聞くと何を思い浮かべますか? 森や山の中だけで暮らす動物たち以外にも、人間社会の中にひょっこりとあらわれて、かしこく生きる動物たちもたくさんいます。お墓のお供えものを盗んでいくクマや、屋根や電線の上をわがもの顔で通って行くサルたちなど、たくましく生きるかれらが織りなす「事件」をのぞいてみませんか?
せかいをみにいったアヒル
写真絵本の先駆的作品。旅に出たアヒルとさまざまなどうぶつたちとの出会い。
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,512円 (税込)
カートに入れる
あるひ、アヒルはいいことをおもいつきました。そうだ、せかいをみにいこう! そして、みんなにもアヒルをみせてやろう! アヒルがさいしょにであったのは、いぬでした。いぬは、せかいはとてもひろいこと、どうぶつえんにはいろんなどうぶつがいることをおしえてくれました。そこで、アヒルはどうぶつえんにいってみることにしました。さあ、カメのせにのって、どうぶつえんにしゅっぱーつ! 旅に出たアヒルと、さまざまな動物たちとのであい。動物写真家の先駆け、イーラが撮った生き生きとした動物たちの写真に数多くの名作絵本を遺したマーガレット・ワイズ・ブラウンが物語をつけた、楽しい絵本です。
子どもは子どもを生きています
ありのままの子どもたちがここに
在庫:ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
価格 1,728円 (税込)
カートに入れる
清里高原で森の案内人を務める小西貴史さんが、自然のなかでいきいきと輝く子どもたちの瞬間をとらえた写真の数々。子どもたちの躍動感あふれる姿と、キラキラ光るまなざしには、おとなが忘れていた何かが映し出されています。写真に添えられた子どもの世界を広げることばもすてきです。