中原恵峰工房 手彫り兜



中原恵峰(なかはらけいほう) Profile


1938年長崎県北高来郡(現在の諫早市)高来町生まれ。1954年、15歳の時より初代小森恵雲氏の元で5年間の修業を経た後、1975年に独立し、中原恵峰工房を開く。
『佐賀県重要無形文化財面浮立』の面師として、各地区の浮立面制作に携わる。 伝統的工芸品産業大賞/作り手部門功労賞受賞(平成24年度)



「浮立面」とは、鬼の面を被って笛や太鼓のリズムに合わせて踊る、佐賀県の南西部に伝わる伝統芸能「面浮立」で使われる面のこと。五穀豊穣祈願や雨乞祈願など、古くから奉納神事に欠かせないものでした。


面の構図を考え、直方体に切り取った大きな木材に図面を引きます。舌と鼻の形作りをしたら次に眉と目の線を荒彫りし、最後に面全体をきめ細やかに仕上げ彫り。

使用する道具は5種類で、大小様々全て合わせると数十はある。のみと木づちを巧みに動かし、力強さの中に繊細な表現を可能にしている。

一見、豪快に彫っているように見えて、一彫りひと彫り手先に意識を集中している。全く形がない所からはじめる荒彫りと言われる段階が一番神経を使うそう。

使用するクスノキも厳選されたもの。
佐賀県の県木でもあるクスノキは、木目がきれいなのが特徴。樹齢120年前後の材木を、木を切り倒す時期もよく考えて使用します。木に新芽が出る頃は、木に水分が上がってきており、水分量の多い時期。12月-2月の初めに伐採した材料は、いわば木材が冬眠した時期で、切り口がカラリと乾燥しています。そのまま3年ほど自然乾燥させて、製材してさらに乾燥させています。材料の段階から、かなり手間ひまかけているのです。



「選び抜いたものから自分が手を加え、新たに良いものが生まれた時は子供と同じように想う。良いものを作り、お客様が満足を得られた時に作り手としての喜びを感じる。」と語る恵峰さん。
(一部、一般財団法人鹿島市民立生涯学習・文化振興財団/中原恵峰展ギャラリートークより編集)

【2017年お節句分】中原恵峰工房 端午の節句飾り 手彫り兜(小)
【完全受注制作】木のぬくもりと伝統工芸の技が伝わる、手彫りの兜
価格 62,100円(税込)
【2017年お節句分】中原恵峰工房 端午の節句飾り 手彫り兜(中)
伝統工芸の技。面師として40年以上の中原恵峰さんが一点一点手彫りします。
価格 280,800円(税込)