写真中の追悼文の拡大画像を表示します



<詩人・長田弘さん 追悼特集>


2015年5月3日午後3時、詩人の長田弘さんが永眠されました。75歳でした。
クレヨンハウスでは「夏の学校」「子どもの本の学校」の講師として何度もご講演いただきました。

2013年11月 子どもの本の学校「絵本の話をしよう」山村浩二さんと対談
2011年12月 子どもの本の学校「本は贈り物である」
2010年8月 夏の学校「“思い出”の力」
2007年8月 夏の学校「本を愛しなさい」
2006年4月 子どもの本の学校「子どもの本の庭で」
2001年8月 サマーカレッジ「読書からはじまる」
2000年6月 子どもの本の学校「共通の広場をもつこと」
1998年7月 子どもの本の学校「子どもの本は記憶の容器」
1997年8月 サマーカレッジ「自分の世界地図をつくる」
1996年7月 子どもの本の学校「“いい時間”とはなんだろう」
1995年7月 子どもの本の学校「大人のための子どもの本」
1990年8月 子どもの本の学校「子どもの本は大人の本だ」
1989年8月 サマーカレッジ「退屈の研究」

  
画像をクリックすると、講演録(月刊クーヨン掲載)のPDFを表示します。



クレヨンハウスでは、絵本『ねこのき』と、組詩『詩ふたつ』の出版もさせていただきました。



絵本『ねこのき』

大橋歩/絵
1996年刊行


詩集『詩ふたつ』

グスタフ・クリムト/画
2010年刊行



小さな本の大きな世界

酒井駒子/画
2016年刊行



「一人のわたしの一日の時間は、いまここに在るわたし一人の時間であると同時に、
この世を去った人が、いまここに遺していった時間でもあるのだ」(『詩ふたつ』あとがきより)
と、うたった長田弘さんのご冥福をお祈りいたします。
                             2015年5月