クレヨンハウス・スタッフのうちごはん

クレヨンハウスのスタッフが[野菜市場]のお気に入り食材でつくった「うちごはん」を紹介します!
[野菜市場]の旬、季節を感じられる食卓になっているかなと思うのですが、いかがでしょうか。


鯖カレーでノジノジランチ

大阪店●阿部 2017/11

このコーナーの「鯖カレー」の紹介を真似て、何度目かの「鯖缶カレー」でお昼ごはん。大阪店は横に大きな公園があり、晴れるとベンチでお昼ごはんが食べられます。いつも、スタッフのノジノジ氏が保温ジャーポットにごはん系を入れてくるので、このポットに入れた日は「ノジノジランチ」と命名。 ごはんはお店のデリカの玄米ごはんがモチモチで美味しいので、毎日買ってます(この日は、有機野菜たっぷり味噌汁も)。
鯖カレーは、和野菜が合います。黒舞茸と白葱と水菜、火通りが早いので、ささっと作れます。カレー粉はムソーのものを使っています。



さつまいもとひよこ豆のサラダ

経理部●渡辺 2017/11

チクピー豆(ひよこ豆はまとめてゆでて、サラダ、スープ、カレーなどいろいろアレンジしています。写真のサラダは、サイコロサイズのさつまいも(さぬき有機)と輪切りのキュウリをマヨネーズとハチミツ少々、無調整豆乳、塩コショウで和えただけですが、さつまいもとひよこ豆、2種類のほくほく食感が味わえます。キュウリが何気にアクセントになってます。 ハチミツは、カマヒハニーを使っています。



最高の餃子の皮で、焼きぎょうざ
大阪店●阿部 2017/11

金子製麺の餃子の皮はもちもちして肉厚感のある最高の皮です。 どんな餃子でも、美味しくない訳がない、とまで言っていいです。 野菜と豚ミンチが半々の比率になる感じで、みじん切りの野菜を塩で揉み込んで、水分を絞り切らず にお肉と合わせます。酢醤油は、ヒカリのポン酢。一般のポン酢のような甘みが加えてないので、 しっかりフルーティーな酸っぱみです。 いつでも食べれるように、たくさん包んで6つ単位で冷凍してます。


黒米入りの栗ごはん、黒米で白いカレー
東京店●日景 2017/10

新米三昧が続いています。五分米黒米をまぜて炊くと、お赤飯のようでもちもち感も甘味もあります。秋らしく、栗ごはん……じつは楽笑栗をむいて炊き上がりに混ぜ込むだけのお手軽版。白いスープは絹豆腐をミキサーにかけてあたため、だしいらずで塩と塩麹だけですが、滋味あるおいしさです。このスープにカレーの壺辛口を加えて白いカレーに! 手間ひまかけずに、きもちは満足の休日ごはんです。


バターナッツのポタージュ

大阪店●高尾 2017/10

高知県・テレサファームから届いたバターナッツ(店頭扱いのみ)を使ったポタージュです。 バターナッツは、通常のかぼちゃのようなほくほくとした食感や甘みは少なめですが、ナッツのような風味とねっとりとした口当たりが特徴です。みずみずしいかぼちゃなので、スープにするのがおすすめです。
作り方はとても簡単!蒸したバターナッツの皮をむき、マッシャーでつぶします。牛乳でのばして塩胡椒で味を整えたら完成。バターナッツの風味が最大限に味わえるレシピです。少し肌寒くなってきたこの季節、ぜひお試しください。



さとうきびオリゴで、かぼちゃプリン

大阪店●奥平 2017/10

デリカ名物の「有機家のかぼちゃプリンさん」が大好きです♪ 真似しておうちで作ってみたけど(やっぱりデリカにはかないません)、 カラメルを作るのが面倒だったので、鹿児島さとうきびオリゴ(大阪店頭扱いのみ)で代用しました♪ ほどよくコクがあって、使いやすいですよ。有機かぼちゃ、西からの旬菜便でもお届け予定です。



旬の安納芋を、焼きいもに

大阪店●阿部 2017/10

鹿児島有機生産組合さんの安納芋(大阪店発の「西からの旬菜便」でもお届けしています!)で、ねっとりとした焼き芋になりました。 甘くて羊羹のようです。 半分はマッシュして、シフォンケーキに。 ニュートーセラム鍋はお芋を入れて、火にかけて置くだけで、30分ほどでホクホク焼き芋ができます。



生姜みその豆腐そぼろ丼

東京店●日景 2017/10

新米(五分づき)で、どんぶりごはん。お弁当にもなる!豆腐のベジそぼろ、味の決め手はテレサファームの生姜みそです。生姜のきいた甘めのみそは、炊きたてごはんにのせても、ごはんがすすみます。能登製塩のわかめふりかけはお湯をそそぐだけでスープになるので、こちらもお弁当におすすめです。



レモン&ハニートーストと、甘酒ドリンク

経理部●渡辺 2017/10

いま、おいしいレモンが入荷中なので、最近ハマっている休みの日の朝ごはん。 中原観光農園さんの有機レモンを使ったレモントーストです。 バター塗った上に薄切りのレモンとハチミツをたらり。 トーストしたあと洗双糖をふりかけて、できあがり。 飲みものは、やさか共同農場さんのげんまい甘酒を無調整豆乳で割ったもの。 甘酒のほのかな甘みが、豆乳とよく合います。 健康的な朝ごはんでお気に入りの組合せです。


ハイキングに、新米のおむすび!

大阪店●阿部 2017/10

奈良へのハイキング、外で食べると、なお美味しかったです。 新米(白米)もち麦を加えて炊いて、おむすびにしました。具は、無添加たらこ*を焼いて、梅干し(王隠堂農園製)とでダブル具材に。 (*塩のみの無添加たらこは、大阪店頭のみの取り扱いです)


きのこごはんとレンコンスープ

東京店●日景 2017/10

秋といえば、きのこごはん! オーサワのきのこごはんの素は具材とだし入りのレトルト・ベジ仕様で、炊飯時にまぜるだけとお手軽で、ごちそうごはんのできあがり! 玄米でいただきました。レンコンのすり流しスープは、昆布だしに能奥能登海水塩のみ。ごはんのうまさと、有機れんこんの滋味にほっとします。


新米&自家製梅干のお弁当

東京店●濱野 2017/10

新米の五分づきを、今年漬けた自家製梅干しで食べるのがいまのお気に入りです!ぷちぷちとした食感がたまりません。お昼のお弁当も、これです!


ウエダ家のぬか床漬けでナムル風

大阪店●阿部 2017/09

わたしの今年のぬか床は、ウエダ家のにおわないぬか床。乳酸菌発酵なので、とってもマイルドな漬けあがりです。「発酵食品、livingfood」として食べたくて、お醤油でノーマルに食べるとごはんを食べ過 ぎて”馬肥える秋”になっちゃうので、もっぱらナムル風やサラダ、もしくはそのまま食べてます。ゆで卵を漬けるのもいけます!


おいしい有機野菜のスープを毎日!

大阪店●阿部 2017/09

連日スープのうれしい季節です。 ごぼうや大根、きのこ類の煮くずれしないお出汁がしっかり出る野菜とにんにくにオリーブ油をまぶしてグリルで焼いてから入れて、クツクツ煮込みます。有機野菜はこういうとき、本当に実力派です。
初日は、ツルムラサキ・海苔・ゴマ・ゴマ油を足して「中華味」で。2日目は、トマト・オリーブ油・モロヘイヤで「洋風」に。3日目、牛乳に小麦粉を同量混ぜて練って加えバターを落として、簡単な「クリームスープ」に。ここまでとりわけで、4日目には生姜のすりおろしを加えて全部を「カレー」に。
カホクの黒ごま香油カホクの国産搾りオリーブオイルを愛用しています。



新米のおむすび、秋なすと

東京店ネット事業部 日景 2017/09
新米(五分米)のたのしみ、究極は塩むすびでしょう! 野菜市場の自然塩から、奥能登海水塩(結晶塩)と、海の精やきしお(伊豆大島)でいただきました。しそ風味のごまひじきは、お弁当のおとも(玄米ごはんに、これと梅干さえあれば!)です。おこげもちゃんとできたので、これまたおむすびに。秋なすの煮物とお味噌汁も、それぞれおかわりし、おなかもきもちも満足しました。



有機小豆を炊いて、餡バターパン

大阪店●阿部 2017/09

涼しくなって、すぐ炊いた餡。【有機小豆】【洗双糖】の深い甘みで、とっても美味になります。で、楽童の天然酵母パン(店頭販売のみです)で餡バタートースト。パリッと感のあるこのパンがいちばん合う気がしています。


新米! 玄米は土鍋炊きです。自家製ぬか漬けと

編集部●吉原 2017/09

新米で玄米をいただきました。みずみずしくさっぱり味なのは、土鍋で炊いているせいかもしれません。ぬか漬けは【金沢大地わたしのぬか床製。「いいね」のぬか漬け特集以来続いています! 【切り干し大根】は、便利な人参入りを常備。


新米!有機コシヒカリを、手づくりの梅干しで

東京店野菜市場 勝田 2017/09

新米、滋賀・大中農友会さんの【有機コシヒカリ】が入荷! わたしも、新米を炊きました! 新米ならではの甘く濃厚なお米の味わいと、コシヒカリ特有のしっかりとした粘りで、とってもおいしかったです。ごはんのおともは、この夏、王隠堂さんの有機梅で漬けた梅干し! 新米と梅干し、最強コンビです!


王隠堂さんの有機梅で5キロ分、自家製梅干が完成!

東京店野菜市場 濱野 2017/08

野菜市場で毎年扱っている「王隠堂農園さんの有機梅」5キロ分を仕込みました。
6/21★梅を洗って水切りし、塩をまぶして樽へ。もみしそも同時に入れるのがわが家流。
8/23★晴れた日に、2日間「土用干し」に。5kg分を並べて、裏返して……。
8/29★昔ながらの塩ともみしそだけの梅干、よい塩梅にできあがりました!


5分でできる! 【カレーの壺】でインド風  鯖カレー

東京店レストラン 橋 2017/07

鯖缶で、香り高く、コクと深みのある味わいの鯖カレー!
1)鯖の味噌煮の缶詰を鍋に開け、【カレーの壺マイルド】を、缶詰一缶につき、大さじ一杯程度入れて混ぜ、火にかける。
2)あたたまったら火を止め、黒こしょうとガラムマサラを少量振りかけ、かき混ぜる。

これだけで完成です! 鯖の味噌煮の缶詰を使うの煮込む時間もなく、コクと深みのある味わいのカレーソースがあっという間にできます。写真のように、色鮮やかなパクチーと赤玉ねぎを添えると、見栄えと栄養バランスもよくなります。


【加持養鰻場/うなぎ蒲焼】で、うな丼&うざく
東京店ネット事業部 小笠原 2017/07

加持養鰻場さんの「うなぎ蒲焼」。この数年、夏になると必ず食べています。 「うな丼」はもちろん、よりさっぱり食べたいときには大好きな「うざく」で。フライパンで皮目を焼いても香ばしいです。
今回はちょっと日本酒をたらし、魚焼きグリルでかるく焼いてみました。

スーパーなどで見かけるウナギは、脂っぽくベトベトして皮と分離したり・・ちょっと苦手だと感じてしまうことも。でもこれは、身が締まっていて「おさかな感」たっぷり。ほどよい脂身も上品な味なので、ぺろっと食べられます。さらに山椒や茗荷などの、香りの良い薬味をたっぷり使うと、なにか「風流」という言葉が浮かんでくる味に。こんどは白焼きを試す予定。どう食べようかと試案中です。


【モロヘイヤライスパスタ】で、サラダ・スパゲッティに!

東京店レストラン 橋 2017/06

モロヘイヤライスパスタ」は農薬・化学肥料不使用で栽培されたモロヘイヤと玄米から作られた、グルテンフリーで、素材の風味豊かな麺です。 トマトソース、豆乳クリームソース、オリーヴオイルと塩・胡椒など、スパゲッティのイメージで料理していただければ、おいしくめしあがれます。

写真の料理は、「モロヘイヤライスパスタ」と、みじん切りにした生のトマト・たまねぎ・茄子と、「かもめ屋ライトツナフレーク水煮」を、白ワインヴィネガー、塩、胡椒、オリーヴオイルで作ったドレッシングで和えたものです。 こういったサラダ・スパゲッティ風の食べ方もおすすめです。