セラピー教具TAG-TOY(タグ・トイ)/発達に合わせた教具選び

小学校に行くまでに・・・
バケツの最上部にある栓は、『書く』『聞きとる』『読みとる』『数える』を表していますが、下部の過程を疎かにすると、その領域から水が流れ出してしまいます。子どもたちは、図のバケツのように、学校教育を受けるための基本的なスキルを順次身につけていきます。したがって、教育を受けるためのバケツ下段のスキルが、きちんと身についているかを確かめることが重要となります。
セラピー教具は、幼児期に形成される感覚統合・運動発達・話す能力・視聴覚・概念形成を「土台」として、その上に読み書き、算数および認知能力を構築することを目指しています。

セラピー教具TAG-TOY(タグ・トイ)/バケツ1段目を埋める教具
セラピー教具TAG-TOY(タグ・トイ)/バケツ2段目を埋める教具
セラピー教具TAG-TOY(タグ・トイ)/バケツ3段目を埋める教具
セラピー教具TAG-TOY(タグ・トイ)/バケツ4段目を埋める教具
セラピー教具TAG-TOY(タグ・トイ)/バケツ5段目を埋める教具
セラピー教具TAG-TOY(タグ・トイ)/バケツ6段目を埋める教具