ドイツは脱原発を選んだ
商品コード :9784002708188
価格 540円(税込)
著者名 ミランダ・A.シュラーズ/著
出版社名 岩波書店
外寸 サイズ 210×163×7 mm
ページ数 64
発売日 2011年09月07日
在庫 ご注文いただけます
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
冷戦期、東西対立の最前線で核戦争の脅威を肌で感じたドイツの人々は、スリーマイル島、チェルノブイリを経て、緑の党を成長させ脱原発を選択した。フクシマの危機をきっかけに、脱原発の期日を前倒しにしたドイツの決断を、歴史的背景を踏まえてコンパクトに解説する。巻末に日本の原子力政策論を収録(市民エネルギー研究所執筆)。

まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。