落合恵子のBOOK CLUB
質問 老いることはいやですか?
商品コード :9784022513755
自分にとって本当に大事なものだけを素手でぎゅっと握りしめて。落合恵子最新エッセイ集。
価格 1,620円(税込)
著者名 落合恵子/著
出版社名 朝日新聞出版
ページ数 256
発売日 2016年04月07日
在庫 ご注文いただけます
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
週刊朝日での連載エッセイが、単行本になりました。

日々の暮らしを楽しみながら、社会との間で出来ることを探して、どのようにしたら自分らしく生きられるのか……。
人生の先輩である山田洋次監督、谷川俊太郎さん、なかにし礼さん、笹本恒子さん、黒井千次さんに、ひとり暮らし、病気のこと、100歳まで仕事を続けること、老いることの意味などを質問、「その人らしい“生涯現役”の在り方」をさぐります。

〇著者のことば
間違ってはいけない。老いはある日突然やってくるものではない。昨日の続きの今日を、デリケートに果敢に生きること。不要な欲望からはできるだけ解放され、自分にとって本当に大事なものだけを素手でぎゅっと握りしめて。
さあ、新しい旅立ちの時。
人生の荷物は、できるだけ少ないほうがいい。

まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。