無題ドキュメント

原発とエネルギーを学ぶ朝の教室

福島第一原発の事故後、わたしたちクレヨンハウスは、これから何を問い直し、
何をつくることができるのか、考え続けています。
そこで、脱原発、自然エネルギーへのシフトを実現していくために、メディアの情報をただ受信するだけでなく、自分たちも学ぼうと考え、連続講座『原発とエネルギーを学ぶ朝の教室』をはじめます。
むずかしい原発問題が「やさしく」わかる講座です。
クレヨンハウスのスタッフも皆さまと一緒に勉強していきます。ぜひご参加ください。

<まもなく開催>

原発とエネルギーを学ぶ朝の教室  〜Morning study of Silent Spring〜
第100回 「『あの日から8年』をどう迎えるか」秋山豊寛さん(宇宙飛行士、農民、ジャーナリスト)

    2018年11月24日(土)9:00〜10:30 東京店B1 レストラン「広場」

  • 講師/秋山豊寛さん(宇宙飛行士、農民、ジャーナリスト)
    進行/落合恵子(クレヨンハウス主宰)

    福島で営農していた秋山豊寛さんは、2011年、福島第一原発事故で被曝、避難を余儀なくされました。ジャーナリストとして、宇宙飛行士として、そして原発事故の被害者として。図らずもつねにこの国の最前線とも言える場に身を置かれてきた秋山さんは、これからの政治、社会にどんな展望をおもちでしょうか。生き方を考えるお話です。

    ・参加費/1,000円(税込)
    ・申込/お電話またはメールでご予約ください。
    ・電話/03-3406-6465
    (ミズ・クレヨンハウス 11:00〜19:00)
    email/josei@crayonhouse.co.jp

  • あきやま・とよひろ
    大学卒業後、東京放送(TBS)に入社。ワシントン支局長などを歴任し、1990年、日本人初の宇宙飛行士としてソユーズ宇宙船に乗船。95年に退社後、福島県でしいたけ農家を営むが、福島第一原発事故により「難民」に。その後2018年3月まで京都造形大学芸術学部教授。著書に『若者たちと農とデモ暮らし 少しヤバイ遺言』(岩波書店)など。

原発とエネルギーを学ぶ朝の教室 
>これまでにお話いただいた方々


特別開催 2012年4月22日 「小出裕章さんの反原発教室」
講演の模様が動画でみられます!(協力:Our Planet-TV様)
>動画をみる