地球に生まれ、地球に還る。

1995年に「100%地球製」をコンセプトに、純オーガニックコットン製品の専門ブランドとして誕生。 栽培から製造工程ま「天然」を大切にしたモノづくりをしているブランドです。コットンの素のままのここちよさがいきた「純オーガニックコットン」の素晴らしさを届けています。 また、世界が抱えるコットンづくりにおける様々な問題と解決策を伝える活動も行っています。

5つのこだわり

天然コットンの色のみで表現する

メイド・イン・アースの純オーガニックコットンは漂白や染色をしていません。 コットンそのものの色「きなり」と、カラードコットンと呼ばれる「茶色」と「グリーン」の3色のみ を使って色の表現をおこなっています。 品種よる色の濃淡をいかしたり、3色を混ぜ合わせて淡い色合いをつくったり、工夫をこらした製品づくりが基本です。

製造工程ひとつひとつにこだわる製品づくり

効率重視の化学的な加工では、オーガニックコットン本来のやわらかな質感がそこなわれてしまいます。 生(き)のままのオーガニックコットン糸をそのまま使うことを基本とし、縫製にはオーガニックコットンの糸、ミシンのすべりをよくするためにはミツロウなどの自然由来のものを選んでいます。、 のりづけには小麦粉やコーンスターチなど、徹底的に「自然」であることにこだわっています。

細部まで追求する姿勢

ネームや洗濯表示、紐などももちろんオーガニックコットン100%。 ボタンはタグアナッツをメインに天然素材を使っています。 付属品にはプラスチックなどを使用する場合がありますが、 より安全性の高いものを使用し製品表示などに明記しています。 さらに、紙は蛍光漂白していないもの、インクは環境と人に負荷をかけない染料を使用しており、 ネーム類はそれぞれエコテックス認証を取得しています。

地球へ、人へ、肌へ、その「やさしさ」を隅々まで

オーガニックコットンの畑が増えれば、化学農薬や化学肥料に頼らない農業が可能になり 環境汚染の問題などが低減できます。 また、農薬散布時などの直接的な健康被害から守り、フェアトレードにおいては生産者の経済事情の改善にもつながります。 製造時も化学的な処理をほどこさないよう徹底することで、 お肌がデリケートな方、そして化学物質過敏症の方々にも安心して使っていただけます。

エネルギーも自然の恵みで

製造する機械を動かすための電力についても、できる限り環境負荷の少ないものにしたいと考え、 2007年から本社と直営店舗が使うエネルギーは太陽光や風力、地熱、バイオマスなどのグリーン電力でまかない、 2011年8月からは製品の製造工程で使用する電気もグリーン電力にしました。