★レビューに注目
ベイビーレボリューション
商品コード :9784861013560
SHERBETSの名曲をついに絵本化!
価格 1,944円(税込)
著者名 浅井健一/文 奈良美智/絵
出版社名 クレヨンハウス
ページ数 24
発売日 2019年01月28日
在庫 ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
ある日突然、世界中のあかちゃんたちがはいはいし出した!ビルの谷間もジャングルも恐れず進むベイビーたちは、やがて戦場へ……。
プロテストソング「Baby Revolution」の歌詞と、奈良美智さんの描き下ろしを含む作品で構成した絵本です。

浅井健一さんのバンド「SHERBETS」が2005年に発表した楽曲、「Baby Revolution」の歌詞に、世界で活躍中のアーティスト奈良美智さんの絵を載せて、ロックでスペシャルな絵本ができあがりました。青い空の下、危険もかえりみず力強くハイハイする世界中のあかちゃんたち。その目は鋭くまっすぐ前を見つめています。平和への扉が開かれる瞬間です。
●浅井健一/文
愛知県名古屋市に生まれる。1991年、「BLANKEY JET CITY」のボーカル、ギターとしてデビュー。2000年、自主レーベル「SEXY STONES RECORDS」設立。「SHERBETS」「AJICO」「JUDE」「PONTIACS」「浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS」など個性の異なるバンド、ソロ活動を通じ、さまざまな表現方法で作品を発表。音楽のほか、詩や絵画でも活躍。絵本に『Let's Study』(SEXY STONES RECORDS)がある。
●奈良美智/絵
青森県弘前市に生まれる。愛知県立芸術大学修士課程を修了後、1988年、ドイツ国立デュッセルドルフ芸術アカデミーに在籍。ケルンにて製作活動を続け、多数の作品を発表し注目を集める。帰国後の2001年、国内初の本格的な個展「I DON'T MIND, IF YOU FORGET ME.」開催。作品は国内外のさまざまな美術館に収蔵されている。絵本に『ともだちがほしかったこいぬ』(マガジンハウス)がある。

息子が10ヶ月だった頃……

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
浅井健一さんことベンジーの曲「Baby Revolution」が収録されたアルバムが発売されたのは、ちょうど息子がまだBabyで、生後10ヶ月の頃。
息子=Babyからあふれ出すパワー。息子=Babyの周りにあふれ出す愛の力。
そのことを日々感じていたわたしは、この曲の世界に引き込まれ、胸が熱くなりました。
いまの世の中、いったい何やってるんだろう。
なんて悲しくてバカげた世の中なんだろう。
自分自身感じていたことを、想像を超えるかたちで曲にしてくれたベンジー。愛にあふれている。
本当にこれは壮大な物語。
当時、不特定多数のひとが目に、耳にするかたちで広まってほしいなと思っていました。
できれば、世界中のひとに広まっていってほしいなと。
今回奈良美智さんの絵とともにあらためて歩き出したことを、とてもとてもうれしく思っています。
たくさんのひとのこころに触れますように。
(熊本県 YUKIKO様)

あかちゃんに頼るしかないのか!

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
タイトルを見ただけで衝撃を受けた。
あかちゃんが平和を守る。
いまや、あかちゃんに頼る以外に平和は守れないのか。
あかちゃんだからできるのかもしれない。大人の不甲斐なさを皮肉っているようで、思い切った発想にこころがはずむ。
あかちゃんの愛と平和のメッセンジャーとしての存在を、大人は噛みしめて、わが身を思い返す必要があるだろう。
奈良さんのイラストの威力にあらためて関心する。
(滋賀県 H.H.様)

詞の世界と奈良さんのアートがぴったり

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
奈良さんのファンです。
(購入した)きっかけは奈良さんのアートに触れたかったからですけど、詞の世界観と奈良さんのアートたちがぴったりで、とってもすてきな作品に仕上がっていることに感動しました。
マジでLOVE&PEACEな絵本ですね。
ハイハイしてるベイビーたち、本当にかわいくて、しかも勇ましかったです。
(石川県 meemee様)

子どもと読みました!

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
「Baby Revolution」を聴きながら、子どもと一緒に読みました。
LOVE&PEACE!!
(愛知県 丹羽克佳様)

ベイビーが英雄に見えてきました

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
わたしは67歳の主婦です。
最初に目についたのは、このベイビーの表情でした。赤い帽子をかぶり、ハイハイしているかわいいイラストですが、目はまっすぐ前を見ている、怒っているような悲しんでいるような、目だけが大人の目をしているように感じました。
内容は、淡々と突き進んでいくベイビーたちのことが書かれていました。
もちろん、ベイビーだから何の武器も持っていません。でも、このベイビーが本物の英雄たちの集団に見えてきました。
誰でも生まれてきたときは、純真無垢だったはずなのに、どうして?
ぜひ、世界中でこの絵本が翻訳されて、父母子、みんなで見てほしいと思いました。
戦争で得られるものは何もないってことに、気づくと思います。
(岐阜県 H.A.様)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。