あかちゃんや子どもに、どんなおもちゃを贈ったらいいの?クレヨンハウス店頭でいちばん多い質問です。
年齢はあくまでも目安です。大事なことは「じっくりたのしんでいるか」。子どもの様子をよく見てください。
早く大きくしたい!と、上の年齢のおもちゃを渡したり、「知育」を急ぎすぎるのは考えものです。



0歳のあかちゃんへ

あかちゃんのあそびの第一歩は「見る」こと。丸いもの、きれいな色のゆっくり動くモビールを。手を動かすようになったら、がらがらやおしゃぶりで音が鳴るものを。

1歳からのおもちゃ

立った!歩いた!あかちゃんの世界が広がっていく。出したり、入れたり、つまんだり、たたいたりをあきずに何度も。おとなにはいたずらにしか見えないことも、立派なあそび。

2歳からのおもちゃ

自我が芽生え、なんでも「自分で」の時期に。自分の手で動かしてあそべるのりものや、まねっこからはじまるままごとあそび、人形やパペットとのおしゃべりも。

3歳からのおもちゃ

指先が器用になって、集中力も育つ頃。ビーズやひも通し、はさみを使ったあそびを。色や形を並べたり集めたりするモザイクや、絵を描いたり、粘土で造形するおもしろさも。

4歳からのおもちゃ

まわりの人間関係もわかってくる頃。ドールハウスでいろんな役を演じたり、みんなでゲームをたのしんだり。自分で考え、あそびを発展させる力も。

5歳からのおもちゃ

イメージをふくらませ、意志をもって取り組むようになる頃。手仕事や造形活動は、ものごとを見通す力、やりとげる力、美しいものへの感性を育てます。

6歳からのおもちゃ

「なぜ?」「どうして?」と探究心が育つ時期。ふしぎに気づくおもちゃがおすすめです。ほんものの道具や楽器と出会う体験が、上手になりたい!という意欲を育てます。

クレヨンハウスのおもちゃについて

●口に入れたりなめたりしても安全なもの
素材から、塗料や仕上げ、組立まで、安全性が確かなものを選んでいます。とくに信頼できる認証マーク(CE/spielgut)を取得したものを中心に選んでいます。
●ぬくもりある木や自然素材のもの
木や自然素材のもつあたたかさ、手ざわりのここちよさを感じてほしいことと、地球環境のことも考えて石油原料による製品ではないものを選んでいます。
●感性を育てる美しいデザインのもの
感性が育つ大事な時期だからこそ、洗練された色・かたち・デザインのものを選んでいます。優れたデザインは長く愛され、使い続けることができます。
●子どもの想像力&想像力を引き出すもの
子どもが自由に、自分の意志であそびを発展させられるような、子どもの中の想像力や創造力を引き出してくれるおもちゃを選んでいます。