たきぐちテスト用2:積み木の地図

「空間認知能力」を鍛える積み木あそびが注目です!

どうして子どものおもちゃに「積み木」がいいの? そんな質問を店頭でもたくさんいただきます。まず、子どもは自由にあそぶことで、周囲の世界を理解していきます。とくにいま注目されている「空間認知能力(ものごとの状態を状見抜く力)」は、自然のなかにたくさんある球体・立方体・直方体などのおもちゃ、つまりは「積み木」が、理解を助ける、と考えられています。こうした力は、日常生活を送るうえで欠かせないもので、あそびを通して身につき、やがて数学や物理の思考へとつながっていくものなのです。

「幼児期の育ちに積み木が必要」と言ったのはフレーベル(ドイツ 1782-1852)

乳幼児の育ちに「積み木」が必要だと考えたのは、世界で初めて「幼稚園」をつくったフレーベル(1782-1852年・ドイツ)。フレーベルは、球体、立方体、直方体、三角柱……と、発達に応じて積み木のかたちを発展させていくことで、子どもの思考が系統だって整理されると考えました。また均整の取れた球体や直方体から、子どもは世界の美しさを理解するとも考えられています。そこで、「基本の積み木」は、シンプルなかたちのセットをおすすめします。

積み木選びのポイント

基尺 子どもの手に収まり使いやすいのが4cm程度。さらに、基本の長さ(基尺)に対して縦横高さが倍数だと、大きさ違いで組み合わせたときにも納まりがよくなります。また、他社製品でも基尺が同じであれば、一緒にあそべます。
色のあるなし 色なしだと、かたちの違いに気持ちが集中します。色が入ることで、アクセントがついて世界が広がります。
木箱のあるなし 木箱があると、しまうときに「パズル」をたのしめます。それで自然とかたちの法則が身についていく面も。
年齢 0歳から幼児期へと、発展していく積み木あそび。同じ積み木でも、子どもの成長に合わせ、あそび方を変化させてたのしみます。

あかちゃんにおすすめの積み木

おすわり前のあかちゃんなら、手に持ってたのしむだけでもOK。音がしたり、ザラザラ、つるつるしたものをあかちゃんは触りたがります。やがて積めるようになり、崩してたのしめるようになり……。
そんな頃には、目の高さより高く積める、タフで軽い積み木がおすすめです。

「積む」動作がまだできないときにもたのしめる

  • ベビーキューブ

    キューブの中には色ごとに違う音色の鈴や木片などが入っているので、振るとちいさな穴から素朴な音が聞こえてきます。軽さもあかちゃんにぴったり。

  • ベビーブロック・ディスカバリー

    一個一個にちょっとしたしかけがあります。音がするものキラキラするもの……。舐めても大丈夫な素材と塗料で、あかちゃんに安心です。

お座りして手を動かせるようになったら

  • お山のつみ木

    間伐材や枝をカットし、木材そのものの形や表情をそのまま生かした積み木。まっすぐに積めないことから、子どもたちがさまざまに工夫を引き出します。

  • 山のくじら舎 つみ木

    高知県産ヒノキを使用した積み木のセット。スベスベに磨き上げ、面取り・角取りをし、仕上げに亜麻仁オイルを使用。片付けは袋に入れて。

  • コルクつみ木

    誕生は1931年。摩擦力が高く、ちいさな子どもでもかんたんに高く積み上げることができ、軽く弾力があるので崩れても音が気になりません。

積み木の基尺って何ですか?

積み木の基本の長さのこと。子どもの手に収まるのが4cm前後。握ったとき、少し手からはみ出すくらいが、あそびやすいサイズです。
基尺が同じであれば、積んだり並べたりしたときに高さがぴったりになり、あそびを妨げません。

積み木の基礎・基尺10/3cmシリーズ

  • フレーベル積み木(小)

    積み木の原理を考案したフレーベルの積み木。小ぶりで小さな手に持ちやすい大きさ。立方体やレンガ型、三角形などがバランスよく入っています。

  • ウール・レンガ積木 ベーシック白木

    フレーベル積み木と同じ基尺(10/3㎝)で、こちらはレンガ型の直方体が基本形。同じ形がたくさんあると、あそびが広がります。

  • ウール・レンガ積木 色付

    フレーベル積み木と同じ基尺(10/3㎝)で、こちらはレンガ型の直方体が基本形。同じ形がたくさんあると、あそびが広がります。

他社製品との組み合わせがしやすい基尺4cmのシリーズ

  • BLOCK スターターセット(大)

    基尺4cmのため、同じスケールの他社製品と組み合わせることができます。転がる円柱が入っているのが特徴のセット。あそびかたガイド付き。

  • アルビスプランA積み木(小)

    地色の違う2種類の木が使われています。フタの裏面には収納時の配置が印刷されているので、パズルのように片づけられるのもポイント。

  • 山のくじら舎 基本つみき

    シンプルに立方体と直方体の2種類。積んだり、並べたり、叩いて音を出してみたり。形の基礎を覚えながら様々なイメージを膨らませることができます。

  • HABAブロックス・カラー

    円柱やレンガ材など、骨組みになるカラー積み木のセット。積み木あそびのアクセントになります。

  • グリムス にじのキューブ 小36P

    虹の色をヒントに作られたグリムス社の積み木。美しいグラデーションの立方体がバランスよく36個入っています。色合わせをたのしんだり、白木の積み木の差し色としても。

独自の基尺や機能を持たせたシリーズ

  • WAKU-BLOCK45/HO

    童具デザイナー、和久洋三さん作のロングセラー。はじめての積み木として人気のある立方体と直方体のセット。面取りがなく、うつくしい仕上がり。

  • ニキーチンの積み木/模様づくり・小

    ロシアの教育者、ニキーチンの考えた積み木。立方体の各面は4色にぬり分けられ、積んだりならべたりすることで模様づくりをたのしめます。

積み木のバリエーション

複雑な立体につなげる

ただ積むだけでもおもいがけない姿になる、これらの積み木。複雑なバランスを考えたり、パーツ同士を連結させたり。積んでは崩す、というたのしみ方も。幾何学の入り口に。

  • ネフスピール

    玩具にデザインという概念をもたらし、世界の玩具の歴史に影響を与えてきたネフ社の代表作。すぐれたデザインが、子どもの創造力を刺激します。

  • リグノ

    立方体と、そこからすっぽり抜き取った円柱のパーツからなるつみき。つみあげたり、円柱をジョイントにして複雑に組み立てることもできます。

  • にじのオクタゴン・小

    8色の厚みのある二等辺三角形がそれぞれ4つずつ。木枠の中にすべてを収納すると、名前のとおり、大きなオクタゴン( 八角形)になります。

大人もあそべる

直線でできた積み木を積むのは比較的容易です。曲線の積み木は、バランスをとるため、子ども自身の体幹の育ちが促されます。トンネルにしたり、積み上げたり。創意工夫が引出されます。

  • アーチレインボー・大

    木の質感とグラデーションが美しいグリムスのレインボー積み木。たのしみながら大きさの違いや順序などに気づいていきます。

  • 半円盤・ナチュラル

    「アーチレインボー大」と組みあわせてあそべる半円盤。積んだり重ねたり、平面はもちろん、立体や空間のあそびへと展開できます。

  • アークレインボウ

    美しい色彩、精緻なデザイン……ネフ社のものづくりの精神が凝縮されたような積み木。ハイコ・ヒリック氏のデザインで、1998年にドイツのプロダクトデザイン賞を受賞した名作です。

ことばにつなぐ

積み木としてあそぶうちに、描かれたイラストを手掛かりに文字が読めるように。そうなると、ことばの順に積み木を並べることもできるように。何より美しい手仕事に、子どものときから出会ってほしい!

  • Baby Piece(ベイビーピース)

    「動物」「食べもの」「乗りもの」「その他」の4グループごとに9種類。メモリーゲームやドミノあそび。ピースを並べてお話をつくったり。

  • あいうえおつみき

    「あいうえおつみき」は、日本一美しい、ひらがな積み木と、定評があります。ひらがなの裏面には、その文字ではじまるイラストが印刷。

  • 山のくじら舎 あいうえおつみき

    キューブ型の6面全てに文字やイラストが刻印されています。ふちどりの模様は母音ごとに統一。ひらがなの理解にもつながります。

「ごっこあそび」につなぐ

積み木あそびが「ことば」につながると、つぎには「ごっこあそび」へと広がっていきます。人形や動物を加えて、世界を広げるお手伝いを。

  • デュシマ動物

    動物のかたちをしたミニチュア積み木。それぞれ個性が強すぎないあいまいさが魅力。積み木あそびに、ごっこ遊びのようを加えるのにぴったり。

  • グリムス カラフルフレンズ

    カップからちょこんと顔を出したり、かぶせてみたり。子どもたちの自由な発想で、おままごとや積み木あそびに、大活躍します。

積み木番外編・ダイナミックにあそぶ

1:3:15という黄金比率の木の板は、建築構造の学びに使われるほど緻密な作品の創作に耐えます。ひとりであそんでも、大勢であそんでも。高さ15メートルまで積めるので、チャレンジのしがいがあります。

  • KAPLA(R) カプラブロック200ピース

    「カプラ」ブロックは、すべて同じサイズに正確に仕上げられた、軽くてシンプルな白木の板。イメージどおりのオブジェをつくることができます。

  • KAPLA(R) カプラブロック280ピース

    「アートブック・赤」には、動物や建物のつくり方のアイデアを紹介しています。3歳くらいから、積んだり並べたり、かたちづくったりしてあそべます。

動きのあるあそびの要素を加える

道筋が彫られた積み木を並べ、ビー玉や木の玉を転がしてたのしむ「スロープトイ」。玉の道が見える「クーゲルバーン」や「スカリーノ」から、見えないところを通す「キュボロ」へ。複雑な玉の道を想像しながら組み上げるよろこびは、棋士の藤井聡太さんが幼少時に熱中したことでも知られるようになりました。プログラミングの基礎にもなります。

  • 組立てクーゲルバーン【基本セット】

    高低差のあるスロープパーツは玉の道筋がイメージしやすく、3歳くらいからたのしめます。柱やスロープの他に、ジグザグ道やベルが入った満足度の高いセット。

  • スカリーノ 基本セット

    一見水平に見えるレールパーツは溝に傾斜がついており、勢いよく転がるビー玉が飛び出しにくい構造。あそびやすい短いレールと柱がバランスよく入っています。

  • CUBORO キュボロスタンダード32

    最初は溝をつなげて、玉の道筋の見える平面の道を。お次は積み木の中に開いた穴をつなげることにチャレンジ。キュボロの世界観を満喫できるベーシックセットです。

  • CUBORO キュボロスタンダード50

    おおきな達成感を味わえるフルセット。パーツの特徴をよく観察し、オリジナルのコースを自分で考えて作り上げましょう。作れるコースは無限です。

最近チェックした商品履歴を残さない