ギフトに選ばれてます
商品コード:2523500003404

ペアカード

ゲームをたのしみながら、記憶力を育みます。「同じ」がわかると「違う」もわかる
4,620円(税込)
4,200円(税抜)
メーカー
セレクタ(ドイツ)
サイズ・容量
カードのサイズ:6.2×6.2㎝
原材料
木(合板/TDプリント仕上げ)ドイツ製
セット内容
絵板36枚(18組36枚の木製カード)
外箱有無
乗りものや動物などが描かれた木製カードが2枚ずつセットに。裏返して同じ絵柄を探すメモリーゲームがたのしめます。ちいさい子とあそぶときは、全部表向きにして「おんなじ探し」をしたり、ランダムに引いたカードから物語をつくっても。工夫次第であそびがどんどん広がります。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます

いま、アナログゲームです。デジタルゲームのイライラがありません。
お話*宍戸信子さん/「子どもと育ち総合研究所」主任研究員

大人が一緒にあそんでくれた体験を

お子さんがひとと関わりながらあそぶこともおもしろくなってきたら、親子でアナログゲームをはじめてみませんか? たとえば、はじめてのゲームでは、暮らしの中で馴染みのあるものがモチーフになっていて、「色や形」を見分けて集めるような絵カードを使ってみるのもおすすめです。
まずは、その「ゲーム」が子どもを受け入れてくれないと存分にあそべません。たとえばデジタルゲームの場合、そのゲームのペースで展開していき、人間をリードしていく場面も多いように思います。子どもの「いまもっている力=ペースや理解度」に寄り添ってくれるのが、アナログゲームの魅力です。
幼児期後半は、「あ~やっちゃった」「おっ! ラッキー」「よーし、もう一回」など、誰かと一緒に喜怒哀楽を共有できるゲームを。目の前の試練をどう乗りこえるのか? といった、人生で起こるさまざまな葛藤やチャレンジも体験します。しかもゲームのなかなら、失敗も挫折も再チャレンジもあり! です。 そして、何よりも……「大好きなひとと一緒に過ごした時間と経験」が、子どもを育てています。絵本タイムと同様、一緒にゲームを囲む時間、いかがですか?



●メモリーゲーム
●対象年齢:2歳くらい~
●参加人数:1人~


乗りものや動物などが描かれた木製のカードが2枚ずつセットになっています。
同じ絵柄のカードで「神経衰弱」、それがむずかしいちいさいお子さんには、全部おもて向きにして、「おんなじ探し」。カードから自分で物語をつくったり、工夫しだいで年齢を問わずあそべるのがいいですね。

独自の印刷技術で仕上げられた、美しい色とやわらかな雰囲気が素敵。眺めているだけでも、あったかい気分になります。
カードが木製なので折れたり破れたりせず、長持ちするのもうれしいところ。
木の板にツヤのある美しい色彩で印刷されているのは、セレクタ社が独自に開発してきた印刷技法が使われているから。
伝統あるおもちゃメーカーの技術がいかされている商品です。

Two sets of woodn cards that you play by picture matching.

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない